--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016. 09. 26  
昨年12月28日以来の約九か月振りの更新です。
理由は、コメントが書き込まれて「更新待ってます」とのことで。

『白い伝書鳩』のブログを書かなくなってから、鳩さんたちの写真を撮ることもめっきり少なくなりました。
下記の写真は9月5日撮影の飛翔写真です。
白い伝書鳩20160905

先頭の真っ黒鳩は、群馬県のHさんから種鳩用にと贈られた“クロちゃん”(♂)です。

私の軽トラを鳩さんたちは覚えていて、軽トラが農道をゆっくり走って行くと鳩舎の屋根にいた鳩さんたちが一斉に飛んで「お出迎え飛翔」をしてくれます。現在も「完全自由舎外」飼育をしています。

鳩舎のある場所(20m×40mの田んぼを埋め立てて作りました)から我が家までは、直線距離で500mほど離れていますが鳩さんたちは我が家の上空まで飛んで来ることがあります。
「ほら、ほら、あの軽トラに犬小屋が積んである家が、飼い主様のおうちだよ!」
「ふ~ん、そうなんだ!」と若鳩たち。


昨秋時点で、羽数が約40羽まで増えましたので、今春から繁殖制限をしなくてはならないと考えていましたが、冬の間にイタチに遣られて12羽まで減ってしまいました。

鶏舎(2間×4間)の周囲は平均積雪が60cmくらいあり、数日に一回くらいは新雪が積もりますので、イタチが来れば足跡が付いて分かるのですが、一度もイタチや他の獣の足跡は確認できませんでした。しかし、被害の状況はまぎれもなくイタチの仕業でした。(首だけを取られて、血を吸われる)

春になって、もっと雪深いところに住んでいる友人と話していて、友人が「イタチは雪の中にトンネルを掘って動き回ることもある」と言うので、雪上に足跡が見当たらなかったことは理解できましたが、しかし鶏舎内部に穴らしき、隙間らしき箇所は見当たらなかったので、やはり侵入箇所は未だ分かりません。

毎朝餌あげへ行くと、2羽3羽と横たわっている姿を見て涙が出るのと怒り、いろいろ手を尽くしましたが、結局イタチを捕らえることはできませんでした。(守ってあげることが出来なかった自分の無力さ)

また、あと三カ月も経てば冬がやって来るので。


完全自由舎外における繁殖制限は、福島市のSさんに相談して、擬卵を使うことにしました。
来春以降になりますが……。

今年の春から秋のハヤブサとオオタカの飛来は、一度もありませんでした。
アオダイショウの侵入も一度もなし。
春レースと秋レースの迷い鳩たちの入舎も1羽もありませんでした。


スポンサーサイト
2015. 12. 28  
昨日、待望の根雪が20cmほど積もり、気温は真冬日ではあるものの、今までの地温があるためか、10cmほどです。

今年も残すところあと三日になりました。
ほんと歳とると、あっという間の一年です。
と、いうか、月日の感覚が薄れてきました。
これは、ヤバイ!な……。

鳩さんたちは自由に好きな時に舎外飛翔している様子なものの、私が一日一回の餌あげへ行った時には“お出迎え飛翔”もなくなり、飛翔写真が撮れません。
追い出して強制的に飛ばせることもしません。
まあ、こんな飼い主なのでしょうがないです……。

いつか、来たる冬の間には一回くらい真っ白な雪原と青空を背景に(冬季間は晴れることはめったにありませんが)見たいものだ!なと思っています。

しかたがないので、餌を撒いたあとの餌食べの様子です。
若鳩2015122601

若鳩2015122602

雛ちゃんたち6羽、無事巣立ちして、寒さの中、餌を啄んだり、ピ~ピ~餌をねだったり、元気です。

そしてその後、まさかもう産卵はないだろうと思っていたら、今日全部の巣箱を見回っていたら、なんと!パー君の息子のソー君夫妻が2個、あるではありませんか!

あ~~。
まあ、好き勝手にさせている手前、なにも言うことはないのですが。
寒さに耐えながら、無事産まれて、育つことを。

餌が(栄養価が)豊富だから、繁殖する、ことは頭の中では知っていますが、やはり真冬日や吹雪が続くこれからのことを思うと、せめて餌はいっぱいあげたいと思ってしまうのです。

今日の飼育場全景です。
メイちゃん飼育場全景20151228


雪景色の写真は時々このように青っぽく写ることがありますが、実際はもっと普通に白いのです。

では、みなさま(迷い鳩様)どうぞよいお年をおむかえください。

2015. 12. 07  
今日は朝から晴れ渡り、風もなく快晴の一日でした。
11/25の初雪、そして12/4の雪は、5cmほど積もりましたが一日で消えました。
今年は“暖冬”間違いなしですね。(エルニーニョ)

寒くなったためか“お出迎え飛翔”は、なくなってしまいました。
いつも11:00前後に一日一回の餌あげへ行くのですが、いつもみんな鳩舎の中に居て、私の軽トラが乗り入れると半数くらいが到着台や屋根の上へ出て来ますが、飛びません。

この仔たち6羽、寒さに負けず巣立ちますように。
ソー君ペアの雛。
ひな2015120701


夢ちゃんペアの雛。
ひな2015120702


両親ペアの名前なしの雛。
ひな2015120703

もう、名前と顔が一致する鳩は5羽になってしまいました……。


2015. 11. 29  
『白い伝書鳩』ブログをやめようか……、迷っていて、最終更新9/6
から約三カ月近く放置状態でしたが、継続していくことにしました。

と、言ってもこれからの更新は、月に一回か二回か……のペースです。

せっかく意を決して飼い始めた白い伝書鳩たちですし、振り返れば、
最初の1羽の白い伝書鳩(パールちゃん)が届いた2012年12月7日
のドカ雪の中で飼育し始めた時の記憶は今も鮮明に残っています。

もう、間もなく3年……。
当初は鳩レースというものに参加してみたいという気持ちが少しあり
ましたが、現在はまったくなくなりました。

大空を、青空を飛んでいる姿が見れるだけで満ち足りた気持ちです。
最初2ペアから飼育始めた時から、3年で38羽に増えました。

ハヤブサやオオタカに襲われたり、青大将やカラスに卵や雛を獲られ
たり、イタチに遣られたり……。

鳩舎を2間幅から4間幅に広げ、私の飼育の仕方では40羽くらいが
適正と思っていましたので、来春からは仕切りを増やして♂♀隔離
しなくてはならないか……。と、すると完全自由舎外では飼育できなく
なるので、なにか方法はないだろうか……。


今年の初雪は四日前にあり、平年よりも一週間ほど遅い初雪でした。

ここ一カ月くらいの晴れた日に撮っていた飛翔写真4枚です。
若鳩2015112901


若鳩2015112902


若鳩2015112903


若鳩2015112904







2015. 09. 06  
天気はここ二日間ほど晴天に恵まれましたが、そのほかはずっと曇り・雨で肌寒い日が続いています。
今日から再び涼しく、このまま一気に秋へと向かいそうです。


数日前の写真から。
9/2お出迎え飛翔で、13羽飛びました。
若鳩2015090201


9/3この日のお出迎え飛翔は、20羽でした。
若鳩2015090301


着地。
若鳩2015090302



2015. 09. 03  
一カ月以上更新を怠っていました。
ワンちゃんたちが、一時期(7月末頃)は総勢7頭にもなり、そっちのほうの更新で手一杯でした。

毎日一回だけの餌あげですが、“お出迎え飛翔”や自由飛翔の遠征組が丁度戻って来たところへ出会ったり、大空の飛翔姿を楽しませてもらっていました。

8/8、遠征組が丁度鳩舎へ戻ってきたところです。
若鳩2015080801

「北方面の大きな川に沿って、だいぶ遠くまで行ってきたよ~!」
と胸を張って戻ってきた感じがしました。


春早く孵った若鳩も混じっています。
若鳩2015080802


8/21、お出迎え飛翔を大勢でして、屋根へ降りて、餌を待っているところです。
若鳩2015082101

この春~夏にかけてのハヤブサ、オオタカによる被害は巣立ったばかりの若鳩4羽、電線に衝突して戻ってきて亡くなった若鳩2羽です。

先日は、私がヤギのメイちゃん飼育場の柵のドアを開けて入ったところ、左隅からオオタカが何かをぶら下げて飛び立ちました。
三箇所に灰色鳩の羽が散らかっており、少しずつ安全な場所に移動しつつ、隅っこの角部でほぼ全部羽をむしり終えた状況でした。

ハヤブサによる被害はしょうがないですが、オオタカにもやられるとは……。
待ち伏せする立ち木などは周囲にはありませんので、巣立ち若鳩の生態や狙う時期を知っているのだろう……。


2015. 07. 18  
台風11号の影響は、当地ではほとんどなく主要河川の水位が30cmくらい上がっただけでした。
今日は曇り時々小雨です。


昨日の写真から。
若鳩2015071701

“お出迎え飛翔”は、私が田んぼの中の農道を軽トラにてゆっくり近づいて行くと、屋根へ登っていた鳩たちは目聡く見つけて一斉に飛び立ち、その距離約100mくらい、私の軽トラの方へ飛んできて上空を舞います。

また統合保育所のほう(約300mほど離れている)を飛翔していた場合でも、目聡く見つけて、戻ってきます。

こんな場面に会うと、可愛いもんだな……と思ってしまいます。


昨日、ソー君のひな2羽へ足を入れました。(029389)
ひな2015071702

こちらはやや大きめで、足環を入れるのに手間取り、口から私の手のひらへ水をだいぶ吐いてベトベトになりました。
大きいので♂君かな……。


こちらは小さめで、足環がすんなり入りました。(029389)
ひな2015071701

小さいので♀ちゃんかな……。
(そうでない場合もあるらしいですが……)


ところで野鳥の“アカショウビン”のこと。
(蛇足です)

前々から(一カ月以上前)我が家の裏山のほうから(春先にオオタカの繁殖の鳴き声が聞こえる所とほぼ同じです)、アカショウビン独特の鳴き声(ピョロロロ……、ピョロロロ……)が聞こえていて、繁殖のために南の島からはるばるやってきたんだな……と。

アカショウビンは、かつてはこんな北のほうまでやってくる渡り鳥とは思われていませんでした。
しかし、以前私が若い頃地元の野鳥の会へ入っていた頃に、ある熱心な会員さんが「クルマにぶつかって道路で死んでいたアカショウビンを写真に撮った」と見せてくれたことがありました。

その後、数十年経ち、ここ五六年ほど毎年5月~6月にかけて我が家の裏山にて繁殖のための鳴き声が聞こえるようになりました。
同じ個体なんだろうか……。
興味がありますが、姿を見たことはまだ一度もありません。



2015. 07. 04  
白い伝書鳩を飼い始めて2年半が経ちました。

子ども時分の夢が叶ったことで嬉しさいっぱいでしたが、当初は迷い鳩の入舎は少しでしたが、徐々に増えてきて、飼い主様へ連絡を取って送った鳩たちも多いですが、連絡して「こちらで面倒をみますので、血統書を送ってください」と連絡して「了解」と言われた方でその後送って来なかった方も多いです。

我が家の白鳩たちとカップルになったりして、また迷い鳩同士でカップルになったりして灰色鳩が増えて来て、どうしようか……考えていて、「そうだ、私のように初めて(レース)鳩を飼いたい。或いは子ども時分に飼っていて再開したい……」と思っている方は少なからず居るのではないか、と思い、もしよろしければ灰色鳩を無料にて差し上げます。
(日通航空便の送料はご負担お願いいたします。同一県内の場合は、郵便局のゆうパックにて800円くらいで送れます)
右欄の「メールフォーム」からご連絡ください。

初めて鳩を飼いたい場合には、私の拙い経験から思うに、最初の舎外訓練にて失踪して戻って来ない場合も多いです。最初から高価なレース鳩を購入するよりも、まずこのような鳩たちで一年くらい経験を積まれたらいかがでしょうか。

初めて鳩を飼った時、とにかく飛ばして飛んでいる姿を見たい!そしてもちろん戻って来てくれる!と信じて、放してしまいます。

戻って来る場合もありますが、戻って来ない場合もあります。
ですから、初めての場合には“種鳩”としてカップルで雛が孵って若鳩へ育つまでは飛ばさないように……と。

近くに鳩を飼っている方がいれば、訪ねていろいろお聞きできるでしょうが、私のように田舎に住んでいて近くにそういう方が居ない方、等々。

どうぞ「メールフォーム」からご連絡ください。


2015. 06. 28  
当地方(東北地方)のみ、まだ“梅雨入りした模様”宣言が出されていませんが、ここ数日
曇り時々雨が続き、梅雨入りのような天気です。


四日前の写真から。
足環入れました。(029387)
ひな2015061801

地面に巣作りしたペアのひなです。
後ろに写っているのが、母鳩です。
このひなちゃんは白(父鳩似)になりそうです。


こちらは(029388)。
ひな2015061802

こちらのひなちゃんは母鳩似の灰色っぽくなりそうです。


夢子ちゃんたちのひな(5/26足環入れ写真)、まもなく巣立ちです。
ひな2015061803

左の多分♂君は、首筋に夢子ちゃんの模様が出ました。
右の多分♀ちゃんは、父鳩似の白になりました。


2015. 06. 15  
今日は晴れのち雷雨でした。
久し振りの雨、そして雷です。


昨日の写真から。
やや小さ目ながら足環を入れました。(029383)
ひな2015061301


こちらは(029384)
ひな2015061302


次のペアも、やや小さ目ながら(029385)。
ひな2015061303


こちらは(029385)。
ひな2015061304

足環入れの翌日と今日と、見ましたが外れていなかったのでもう大丈夫です。


一昨日写真掲載の孵ったひなちゃんたちと父親♂君。
若鳩2015061301

私の出入りドアのすぐ脇の地面の巣です。
踏ん付けないように、気を付けて入っています。
親たちは馴れていて逃げません。


2015. 06. 13  
昨日は雨が降ったり止んだりでしたが、今朝は晴れました。


昨日の写真から。
地面の土の上に巣作りをしたペアのひなが孵りました。
ひな2015061201

前回(4/7記事)の場所とは違ったところへ。
前回はカラスに持って行かれてしまったので、場所を変えたのでしょうか。
多分、こんどは大丈夫。


餌食べの様子です。
若鳩2015061201


こっちの区画も。(隣りと繋がっていますが)
若鳩2015061202


2015. 06. 08  
今日は晴れのち曇りでした。


お出迎え飛翔後、ヤギのメイちゃんの小屋の屋根へ着地です。
若鳩2015060801

「今日は来るのが遅かったね。昨日は夕方も少し餌貰えたのでいいけど……」
などと話し合っているのでしょうか。


ソー君のひなへ足環を入れました。(029382)
ひな2015060801

今回は産卵2個でしたが、1個しか孵りませんでした。
どうしてだろう?
なにかあるのだろうか……。


こちらは黒ちゃんのひな。(029383)
ひな2015060802

大きめのほうなので、♂君でしょうか。


こちらへは(029384)。
ひな2015060803

小さ目のほうなので♀ちゃんでしょうか。
2羽とも黒っぽい灰色になりそうです。


5月2日のトラップ出入り口の幅を狭める板を取り付けてから、カラスによる被害は無くなりました。
青大将の侵入も今のところまだありません。
いつも鳩舎へ入ると、まず梁のところに青大将が横たわって居ないかどうか確かめることが日課になっています。


2015. 06. 05  
今日は曇りで、暑い!ではなくなり過ごし易くなりました。
昨日の天気予報では、近畿地方まで梅雨入りしたとのこと。


昨日の写真です。4羽のひなちゃんたちへ足環入れました。

まず、こちらの白鳩。(029376)
ひな2015060401


こちらは029377を入れました。
ひな2015060402


こちらの2羽は灰色っぽくなりそうです。(029378)
ひな2015060403


こちらは029379を入れる。
ひな2015060404





2015. 05. 31  
今日は朝方、久し振りに曇りで霧雨が降り涼しい感じでしたが、のち晴れて暑くなりました。


パー君夫妻のひなへ足環入れ。(029375)
ひな2015053101

丁度ひなの面倒見、交代時間に当たったためか(11:00頃)、両親2羽とも巣房にいました。
餌を撒いた直後だったので、手前の母鳩が餌を運んで来てあげていました。
給餌を終わるのを待って、ひなを取りだして足を入れようと、しばらく出てくるのを待っていましたが、
母鳩は私を警戒して出て来ないので、しょうがないので強引にひなを取りあげて嵌めました。


2羽目、多分こちらが少し大きめですので♂と思います。(029375)
ひな2015053102

こちらのひなのほうに給餌していました。
ひなの後ろ指を通すのに手間取っていたら、私の手のひらがベトベトになるくらい大量の水を吐きましたので、
母鳩は水を与えていたのだろうか……。


足環通し用の羽を拾おうと鳩舎中を捜しましたが、一枚もありませんでした。
五日前の足環通しの時には、たしか数枚くらいは落ちていたような気がしましたが……。
多分、スズメが巣作り用に全部運んで行ってしまったのだろうと思いました。


2015. 05. 26  
今日も晴れです。

昨夕の天気予報によると、今年の5月の全国的な少雨(晴れ)は稀とのこと。
葉物野菜の高騰。

また、入梅が遅れて、冷夏、との予測。
そうならないように……、と祈るのみです。


夢子ちゃんのひな2羽へ足環を入れました。
ひな2015052501


こちらは少し白っぽい羽になりそうです。
ひな2015052502


プロフィール

雪国

Author:雪国
白い伝書鳩へようこそ!
1955年生まれ。
福島県、雪国南会津に住んでいます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
6068位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鳥類
257位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。