--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 07. 31  
今日は曇りのち晴れでした。


お昼に鳩舎へ行き、全員(12羽)外へ出たのを見計らってトラッ
プ口を閉め、棒を振って強制舎外を行いました。

しかし、全員飛んだものの内5羽は数周で降りてしまい、残り7羽
も10周くらい、ほんの数分で降りました。
若鳩2013073101




そして夕方17:30再び。今度は20周くらい、5分でした。
若鳩2013073102


スポンサーサイト
2013. 07. 31  
今日は曇りでした。


今日のお昼の様子です。
若鳩2013073001

12羽居ました。
(と、なんか変な表現です)


2013. 07. 28  
今日は晴れのち雨でした。


今日の様子、大雨が降るちょっと前でした。
若鳩2013072801

東北地方の梅雨明けは8月になる、とのこと。
しかし今夕の西日本、山口県の水害のニュースなどを見ていると、
梅雨が明けるとか明けないとか、あまり関係ないような……。


2013. 07. 27  
今日は晴れのち雷雨です。


現在第1鳩舎には、♀親鳩3羽(サーちゃん、グーちゃん、ミーち
ゃん)の連続失踪により♂親鳩3羽(パーちゃん、シー君、レー君)
と訓練室にて舎外訓練を始めた1番仔の若鳩4羽(ゲー君、ソーち
ゃん、ニー君、カー君(カー君のみ2番仔、ソーちゃんの弟))
と、巣立って間もない若鳩5羽(孵化後40日前後)の合計12羽です。

先日の青大将の襲撃がなければ、更に6羽の雛が孵っていたはずだ
ったのですが……。

♀親鳩がいなくなってしまい、もう産卵は望めなくなったので、6
箇所の巣房の中の稲藁と雛たちの大量の糞及びフケを掻き出して掃
除しました。

種鳩室(2間×2間)と訓練室(2間×1.5間、トラップ口2箇所)
のトラップ口は解放したままですので、巣立ち間もない若鳩5羽は
数日前から到着台に出て屋根へ上ったり、また訓練室に入ったり
しています。多分まだ飛んではいないと思います。

訓練室の若鳩4羽は、青大将の襲撃があったことが原因なのか、或
いは私のいない間に飛んで再び猛禽類に襲われたのか、分かりませ
んが、ここ一週間くらいずっと臆病に(神経質に)見えます。
到着台の上で目を斜め上に向けるので、その先を見ると、ツバメだ
ったりゴイサギだったりします。棒を振り回して無理やり飛ばせな
いほうが、今のところはいいか、と。巣立ったばかりの5羽も一緒
に飛び立って“失踪”或いはハヤブサの餌食は避けたい。


今日の様子。
若鳩2013072701

今日は2時間ほど第1鳩舎にいました。
この写真撮影のあと雷雨となりましたが、2羽屋根の上に残って
雨浴びをしていましたが、さすがに雷鳴が近寄ってくるとすぐに
鳩舎内へ入りました。

2013. 07. 26  
今日は曇り一時大雨でした。

今朝、鳩舎へ行きましたがグーちゃん戻っていませんでした……。


お昼の様子。
若鳩2013072602


2013. 07. 25  
今日は雨のち晴れでした。


7/21、青大将にグーちゃん&レー君の卵2個も喰われてしまって、
結局卵6個全部がなくなってしまいました。また、雛5羽も巣立ち
間近であったので、7/21夕方、種鳩室のトラップを開けました。

翌22日にミーちゃん(パーちゃんの妻)がいなくなり、24日に
サーちゃん(シー君の妻)がいなくなり、そして今日グーちゃん
(レー君の妻)がいなくなりました。昨日は交尾していたので、
産卵(三番仔)が近いと思っていましたが……。今日10:00には
いて、夕方16:30にはいませんでした。

どうして♀鳩だけが。
なんとなく思いあたる節はありますが……、果たして。

もしかしてグーちゃんの実家(福島市のSさん、グーちゃん&レー君
は昨年秋に200Km飛んでいるので)に戻っているかと思い、電話して
みましたが、戻っていないとのこと。


2013. 07. 22  

今日は曇りでした。

昨日の写真、屋根の上へ上っただけでした。


2013. 07. 20  
今日は曇りのち晴れです。

訓練室の若鳩4羽、ソーちゃん、ゲー君、ニーちゃん、カー君、
元気です。

しかし……。
不可解で可哀想な出来事がありました。
オーちゃんがいなくなった翌日7/17、種鳩室の地面の上に巣立ち
間近かなミーちゃん&パーちゃんの雛2羽のうちの1羽が死んで
いて(外傷は無し)、また孵化直前のサーちゃん&シー君の卵2
個とミーちゃん&パーちゃんの卵2個がなくなっていました。
グーちゃん&レー君の卵2個だけありました。

雛を手にとって傷などを調べましたが、目立った外傷はない。
メイちゃんの飼育場の隅の土を深く掘って、藁に包んで埋葬しま
した。しかし、一体。

卵を持っていく奴は、カラスかイタチ。
イタチは我が家の鶏舎から卵を持ち去る姿を何度も見ています。
しかしイタチが侵入した形跡はない。
またイタチが雛鳩を殺したとすると首を齧って体液を吸った痕跡
があるはず……。

カラスだとすると一体どこから入ったのか。

疑問が解けぬまま、一昨日はなんともなし。
グーちゃん&レー君の卵も大丈夫で、レー君が抱いていました。
こちらも間もなく孵化予定でした。

そして昨日は海水浴へ早朝から出かけ夜暗くなって帰ってきたので
見に行かなくて。

今日。
グーちゃん&レー君の卵がなくなっていました。
イタチが侵入した形跡はありませんでした。
また、カラスが侵入したかと思えるところ(まずあり得ないと思い
ましたが一応板を打ち付けて頑丈にしておきました)も異常なし。
カラスは、ここ第1鳩舎周りにはほとんどいません。
1か月ほど前に巣立ったカラスの雛3羽が、30mほど離れたアス
パラ畑のパイプに止まっていたので石を投げつけたら、それ以来い
なくなりました。

1時間ほど水を替え餌を撒き、様子を見たりしながら、いざ帰ろう
とするときに、屋根裏の単管パイプに異様なのものを発見!
2mくらい大きな青大将でした。

これを見て謎が一気に解けました。
犯人はこいつだ!
すぐに金棒(杭を打ち込むために置いていました)を持って来て、
引きずり降ろし、頭を滅多打ちにして殺しました。河原の堤防まで
運んで捨てる。


ミーちゃん&パーちゃんのもう1羽の雛鳩、右。

と、ここまで書いて、携帯で撮った写真を自分のパソコンのメー
ルアドレスに送信して消してしまったことに気付く。
今日は妻のノートパソコンを借りて書いていました。

写真はなし、で。

ところで今日、第1鳩舎へ行った時に、鳩舎の屋根に見慣れぬ鳩が
1羽とまっていました。

近づいてみると、なんか見たことあるような……。
思い出しました。
6/11に放した4羽のうちの1羽です、多分。
名前は“ホワちゃん”とつけていました。
全体灰色に翼の先だけが真っ白だったので、そう名付けました。

しかし私が近づいて行くと飛び立ちました。
そして15分ほどして戻ってきました。
様子を見ていると、鳩舎へ入り水を飲み餌を食べたいのかなと思い
屋根の反対側からトラップ口を探しているのではないかと思い、
ゆっくり誘導しようとしていたら、道を訪ねる人(自転車)が鳩舎
の後ろの農道から来て、驚いて再び飛び立ちました。

その飛び方を見て「もう戻ってはこないかもしれない」と感じました。

17:00見に行きましたが、やはりいませんでした。

2013. 07. 18  

今日は曇り一時雨でした。


今日の写真、若鳩4羽。
1羽、オーちゃんが一昨日いなくなってしまいました。




2013. 07. 16  

一昨日、パソコンが故障してしまいました。

初めての携帯からの投稿です。



2013. 07. 13  
今日は曇り時々雨です。

午前十時前に行きました。
街で用足しをしてから、いつもの農道とは違った道路を通って行く
と、鳩舎(第1鳩舎)の屋根に白いポツポツが見えました。

おっ、今日は飛ぶ気、充分か?
おや、4羽しか見えないが……。
駐車場(20m×20m)へ乗り入れないで、携帯カメラを出し、写真
を撮ろうとすると、もう1羽到着台からピョンと屋根へ上がりました。
鳩舎2013071301

農道から1.2m下にさがって鳩舎(及びヤギのメイちゃんの小屋)が
あります。手前の小屋がメイちゃんのヤギ小屋(2間×4間)で、そ
の後ろ側に鳩舎(2間×6間の半分)があり、重なって見えます。



柵(20m×20m)の中へ入って、近づいて見ると。
鳩舎2013071302

毛繕いしているものもあり、今しがた飛んで戻って来たところなの
だろうか……。飛ばすか(追い立てて)迷います。

自由舎外が一番いいのだろう(私の手間も省けるし、若鳩たちも飛
びたい時に飛べる、近所迷惑にはならない(第1鳩舎の半径250m
以内には家は一軒もない))と思っていましたが、最近になり疑問
が生じてきました。手本となる(一年以上この鳩舎にて飛ぶことを
経験している)鳩がいれば、多分若鳩たちもそれに見習って飛ぶの
でしょうが、当鳩舎には現在飛べる鳩は5羽の若鳩たちしか居ません。

ゲー君とソーちゃんが“飛び頭”(このような言葉があるのかどう
か)だと思っていましたが、どうも自分から率先して飛び始めるこ
とはないように思えます。


と、いうことで迷いましたが、やはり飼い主の私が“飛ぶ”という
ことを教えてあげなくてはならないのだろうか。と、いうことで
最初は片手を振って「飛べ!」と言いましたがダメで、棒を持ち上
げて振ろうとしたら、その直前に5羽一斉に飛び立ちました。


5羽写っています。
若鳩2013071301


見ていて気持ちいいですが、まだ不安も半分。
若鳩2013071303


10:05~10:20の15分の飛翔でした。
若鳩2013071302

鳩舎上空半径数百メートル以内。
姿を見失うことはありませんでした。
(飛んでくれたのでヨシとしよう)

2013. 07. 12  
今日も晴れました。


昨日の夕方の写真。
若鳩2013071102

昨日はこのまま、飛びませんでした。


今日夕方、棒を振って飛ばしました。
若鳩2013071201


写真中央部に薄く5羽いるのですが、見えませんね……。
17:00~17:05、たった5分間の飛翔でした。

2013. 07. 10  
今日も晴れました。

朝7時、飛ぶ姿を見たい(確認したい)と思って行きました。
親鳩室と訓練室の水替えと餌撒き、糞の清掃をしていると、いつも
のように若鳩たちは外へ出て到着台や屋根へ上がりましたが、その
後も一向に飛ぶ様子は伺えませんでした。

もしかして天気がいいので、私が来る前に一度飛んだのだろうか…
…。そういことも分からない現状です。


「ゲー君、先頭になって飛べ!」などと言っても、飛びません。

しかたがないので、1mほどの棒切れを拾って、追いたてました。
丁度いい1.5mの長さの棒切れがあって以前何度か使って飛ばせた
ことがありましたが、やはりそういうことは良くないのではないか
と思い、周囲の柵の突っかい棒に使ってしまいました。


ゲー君とソーちゃんとニー君の3羽が飛び立ちましたが、カー君・
オーちゃん兄妹は屋根の上の見えないほうへ歩いて逃げて行きまし
た。これはまずいぞ、先輩3羽に置いて行かれたのでは。姿が見え
ないなりに棒を思い切り振るとカー君・オーちゃんも飛び立ちまし
た。

すると3羽が迎えに戻って来て、一緒になって飛びました。
よかった、よかった。

鳩舎を中心に半径数百メートルの飛翔。
そして二度、5分くらい姿を見失いましたので、せいぜい行っても
数キロくらいしか行かなかったと思います。

7:25~7:45、丁度20分の飛翔でした。
若鳩2013071001

3羽写っています。2羽はかろうじて見えますが、もう1羽その右
のほうに。先頭は真っ白なのでソーちゃんと思います。ゲー君は旋回
の外側、後方を飛んで、オーちゃん・カー君がどこかへ行ってしま
わないようにうまく統制しているように思えました。

鳩舎の南方向が“鬼門”のように思えます。
そっちへ2羽のうちのいずれかがスピードを上げて直線的に行こう
とするとゲー君はそれを上回るスピードで先回りして戻します。


着陸態勢に入りました。
若鳩2013071002

5羽写っています。
私の姿を見て怖がって降りてこないだろうかと思い、到着台から
10m以上離れて見ていました。
すんなり着地(屋根)しました。


ところで、ブログタイトルを『白いレース鳩』から『白い伝書鳩』へ
変更します。

理由は、レースが目標ではなく、鳩を飼育して飛んでいる姿を見た
い、戻って来る姿をみたい、鳩たちと気持ちを少しでも通じ合わせ
ることが楽しい、という事が飼い始めて七ヶ月経って自分の中で少
しずつ明確になってきたからです。
(我が家の柴犬ルンルン&ソラ君には少し劣りますが、鳩たちの目、
表情、仕草などから、柴犬に近いコミュニケーション能力があるの
ではないか……と感じています)

レースというものは興味がありましたし、まだ舎外訓練を始めたば
かりですが、秋の短距離レースに一度は参加したいと思っています。
若鳩たちのこれからの状況次第ですが……。

レース鳩(伝書鳩)という生き物は、なんかいい感じの生き物だな
と以前書いたことがありましたが、それは今は“内に秘めた何か”
を感じます。

伝書鳩。書を伝える。書とは、かつては情報でしたが、現代では
気持ち(心)ではないかと思います。

自由と平和と愛と。


言うは易し、ですができるだけ気持ちを伝えて。
白い伝書鳩たちへ。


2013. 07. 09  
今日は晴れました。
今季初めての真夏日、30℃。


今日もお昼に行きました。
しかし若鳩5羽しか居ませんでした。
どこを捜しても……。

居なくなった(戻って来れなかった)のは、ペー君でした。
6/27メーちゃんに続き、ペー君も……。

頭では分かっていても、やりきれない気持ちです。
(今夜は弔いの酒。二羽とも兄妹で5/13孵化、5/20足環を入れて
からは毎日一回は巣房から取り出しては掴んでいたことを、その
仕草などを思い出します。間近に飛んでいる姿を、舎外から意気
揚々と戻って来る姿を、一度も見てあげれなかった事が心残りです)



若鳩5羽。
若鳩2013070901


カー君の傷(7/3)は、右の翼と背中の血の滲みは消えて元通りの
真っ白になり、左の翼の血の滲みも薄くあるくらいになりました。


2013. 07. 08  
今日は雨のち晴れでした。


お昼に行くと、お出迎え。
若鳩2013070801

今日も飛びませんでした。
朝か夕方には多分飛んでいるのだろう……。
と、思いながら。


昨日のグーちゃん&レー君の卵は、今日2個になっていました。


2013. 07. 07  
今日は曇り時々雨でした。

朝5時から県内一斉のクリーンアップ作戦(主に河原)というもが
あり、ゴミ袋を片手に行きました。
数週間前に町内一斉のゴミ拾いがあったばかりなので、あまり無し。

その帰りに、ついでに第1鳩舎へ立ち寄りましたら(こんな早朝は
久し振り)、訓練室に4羽しか居ません。

あれっ?
昨日は夕方にもちょっとだけ行って、様子を見たときには6羽いた
のでしたが。

私が帰ってからみんなで飛んで、2羽もどれなくなってしまったか……。
と、ふと親鳩(種鳩)室を見ると、若鳩2羽いました。

どこから入ったのだろう?
まあいいか。
とりあえず、まず1羽掴んで(両者とも純白ですので、まだ顔や姿
だけでは区別がつかず)足環番号を見て、オーちゃん。

オーちゃんは、孵化後一週間に足環を入れてから毎日一回は掴んで
いましたので、すんなり掴まえられました。

次、2羽目。
顔を見て、目の周りの肉色の縁取りが太いので、メーちゃんだと思
いましたが、それにしては逃げ回る。
おかしいな。
2間×2間の親鳩室を追い回して(大丈夫。大丈夫だぞ、などと声を
かけながら、ゆっくり)掴まえて、足環番号を見ると、ソーちゃん
でした。

ソーちゃんは、我が鳩舎記念すべき第1号の雛で、目の周囲の肉色
の縁取りが太く(母親のミーちゃん似)、分かっていたつもりでし
たが、追い回されて興奮していたために、肉色の縁取り部分がより
一層太く見えたのでした。

メーちゃんも、母親サーちゃん似でこの縁取りが太い仔でしたが、
思えば……、もう居ないのです。先日(6/27)「多分いなくなった
のはオーちゃんかカー君のどちらか、です……」と書きましたが、
その後足環番号を近くから観察していて、いなくなったのはメー
ちゃんだと分かりました。

まさか、ゲー君とともにばっちり飛び始めているソーちゃんが、親
鳩室へ入っているとは思いもしませんでした。

どうして親鳩室へ入る(戻る)のだろう?
私の推測では、親恋しさ?(それにしてはオーちゃんはもう孵化後
47日になりますし、ソーちゃんにいたっては82日になり、もう立派
な若者だと思うのですが……)

それとも、ほかの若鳩たちと相性が合わず逃げ込んだ?
これはないと思うのですが……。

あるいは、何かの拍子に入ってしまった……。
しかし、どこから入ったのか特定できませんでした。
先日針金で固定したトラップ口が緩んでいたのか?と見ましたが、
大丈夫。境界の農業用ネットに隙間が生じたか?しかしざっと確認
したところ異常なし。唯一、私の出入り口ドアの鍵の部分が両方か
ら掛けれるように拳大以上の穴が開いていますが、そこだろうか?

まあ、居たから、元気だし、いいか。
(と、大雑把に)


訓練室(1.5間×2間)内の若鳩6羽。
若鳩2013070701

今日も雨っぽい天気でした。一回くらいは飛んだのだろうか?


サーちゃん&シー君の雛、2番仔、2羽。
ひな21013070701

6/17孵化でしたので、孵化後20日目です。
1羽は尻尾の先と翼の先に濃い灰色があります。

グーちゃん&レー君の雛、2番仔、2羽。
ひな21013070702

同じく6/17孵化でしたので、孵化後20日目です。


ミーちゃん&パーちゃん(♂)の雛、3番仔、2羽。
ひな21013070703

6/24孵化でしたので、孵化後13日目になります。


グーちゃん&レー君の卵(3番仔)、1個。
卵2013070701

サーちゃん&シー君の卵(3番仔)は五日前に2個そろいました
ので、グーちゃん&レー君はいつになるかと毎日見ていたら、
今日1個です。触ると暖かくないので、明日2個めを産んだら
一緒に暖め始めるのだろうと思いました。

2013. 07. 06  
今日は曇り、薄日射すでした。


お昼に鳩舎へ行きました。
お出迎えしてくれましたが、飛びませんでした。
若鳩2013070601

近寄って名前を覚えてきたはずでしたが、忘れました。
やっぱり歳ですね。(今度はメモしてこよう)


こちらはゲー君とソーちゃんと……。
若鳩2013070602

ゲー君とソーちゃんはいつも一緒です。
先日ソーちゃんがゲー君の首筋の毛繕いをしているのを見ました。
もしかしてゲー君は→ゲーちゃん(♀)で、ソーちゃんは→ソー君(♂)
かもしれません……。


2013. 07. 05  
今日は雨のち曇りでした。


昨日の写真から。
ペー君写真2013070401

外に4羽、中に2羽いました。


今日も6羽、無事。


2013. 07. 03  
今日は雨が降ったり止んだりでした。


9:30頃、第1鳩舎脇の農免道路を通った時に立ち寄りました。
餌も水のポリタンクも用意していなかったので、小雨の中ほんの
数分でした。親鳩も若鳩もみんな鳩舎の中で寛いでいました。
(夕方餌遣りの予定)

そして15:35頃、雨の上がった書斎の外へ出てなにげなく第1鳩舎
のほうを見たら、なんと5羽の白い鳩が飛んでいるではありません
か。自宅から直線距離で500mほどです。

背景の緑濃い山の中に白い鳩たちが早くはないスピードでゆっくり
旋回しながら飛んでいました。もう1羽はどうしたのだろう?とか、
5羽一緒に(4羽以上)飛ぶのは初めて見たので、15分かそこいら
だろうとか思いながら、16:10頃餌とポリタンクの水を用意して、
柴犬ルンルン&ソラ君も連れて行きました。

しかし、トラップ口の中に1羽ぽつんと居るだけで、他の5羽は
戻っていませんでした。残っていた1羽はカー君でした。

ま、そのうち戻ってくるだろう……。
親鳩たちの水を交換して餌を撒いて、雛4羽に話しかけながら1羽
ずつ掴んで(足環を入れてから毎日やっています。少しずつ馴れて
きました)、訓練室の水を替えて餌を撒いて、「カー君、餌食べろ。
どうしてみんなと飛ばなかったんだ?」と声をかけたときに、カー
君の左翼に血が滲んだ跡を発見しました。そうだったのか……。多分
午前中に飛んだときにオオタカかハヤブサに爪でやられたのだろう。
よく見ると右翼にも背中にも少し血が滲んでいました。羽毛は抜け
ていなかったので、爪が掠(かす)った程度だったか。しかし恐怖
を味わったことでしょう。

16:40頃、知らない間にニー君が戻っていました。
と、いうことは間もなく他の4羽も戻ってくるだろう。
しかし17:15になっても戻りませんでした。

一旦、家へ帰って、18:30再び行くと、全部で5羽訓練室の中に居
ました。といっても、たった今しがた戻ってきた様子で、トラップ
入り口の棒状止まり木にとまって毛づくろいをしています。
あれ?もう1羽は?どうした?ゲー君。

と、ゲー君に話しかけた時に、到着台の上でポトンと音がして、
もう1羽帰ってきました。そしてすぐにトラップ口から中へ入り
ました。ペー君でした。

体の傷を(血の滲み)ざっと確認しましたが、ありません。

たぶん何かに再び襲われたのか……。
まさか3時間も飛ぶはずはないだろうし。

なにはともあれ、よかった、よかった……。
私には何もできません。
餌と水とそれなりの居住環境を整えてあげること、顔を見て話し
かけることくらいしか。そして完全自由舎外で。自由に飛んで、
その中で自分なりに外敵から身を守ることを学んでほしい。

(今日は写真はありません)



2013. 07. 02  
昨日も今日も晴れです。

昨日の夕方、写真から。
サーちゃん&シー君の3番仔の卵2個。
卵2013070201

一昨日に1個ありましたので、昨日2個目を産んだようです。
巣房は、最初に使用した巣房です。現在2番仔の雛たちが育って
いる巣房の隣です。


夕方17:50頃、6羽全員屋根へ上がりました。
ゲー君写真2013070101

そして18:10頃になって、2羽飛び立ちました。
1羽はすぐにゲー君であることを確認できましたが、もう1羽は誰
だろう?10分くらい鳩舎の周り100mほどの旋回でした。

先に屋根へ着地した鳩を近づいて見ると、ニー君でした。
ニー君は、父親レー君に似て白の羽の中にところどころ薄い赤がぽつ
ぽつとあります。

ゲー君の飛び方を見ていて、時々急降下する飛び方をするのは何故
だろう。以前にもそういう飛び方をする時がありました。

プロフィール

雪国

Author:雪国
白い伝書鳩へようこそ!
1955年生まれ。
福島県、雪国南会津に住んでいます。

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
5459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鳥類
221位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。