--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 12. 31  
今日は雪のち雨でした。

今日は大晦日。
私にとってはあっという間の一年でした。


今日の飛翔。
若鳩2013123102


着地。
若鳩2013123101


読者の皆様、どうぞよいお年を。

スポンサーサイト
2013. 12. 30  
今日は晴れのち曇りでした。


今日の飛翔は5分ほどで、飛翔の写真を撮ろうとする前に着地、
そして入舎してしまいました。

その前に撮った今日唯一の雛仔ちゃんの写真。
ひな21013123001

今日は巣から取り出して掴んでみました。
卵の大きさが夏の頃の雛と比べると小さ目と感じていましたが
(母鳩が今年初夏に生まれた若鳩)、一羽孵化だったためかまあまあ
大きくなってきたかな……という感じです。

2013. 12. 29  
今日は雪のち晴れでした。


今日の飛翔は10分ほどでした。

着地。
若鳩2013122901

昨日の朝の降雪量は30cm、今朝は25cmほどありましたが、
到着台とトラップ口の隙間から出たり入ったりして自分たちで除雪
して(踏み固めて)それなりに飛んでいたようでした。
屋根の上のふわふわ粉雪への着地も、少しずつ慣れてきたようです。

2013. 12. 27  
今日は曇り時々小雪舞うでした。


10:00鳩舎へ行くと準備万端、全員18羽続々と出てきました。
若鳩2013122701

飛翔は10分ほどでした。


雛仔ちゃん元気に育っています。
ひな21013127001


2013. 12. 25  
今日は久し振りに晴れました。



今日の飛翔は青空と白い雪に映えて綺麗でした。
若鳩2013122501


着地。
若鳩2013122502


2013. 12. 24  
今日は一日小雪舞うでした。


今日の飛翔も5分ほどでした。
若鳩2013122401



2013. 12. 23  
今日は一日曇りでした。


今日の飛翔(13:30)は5分でした。
若鳩2013122301


2013. 12. 22  
今日は一日小雪舞う、でした。


今日の飛翔。
若鳩2013122201

白鳩たちは雪と雲に同化して、カメラレンズには写りません。
肉眼では見えるのですが。


雛仔ちゃん元気。
ひな21013122201

頭頂部に、黄金色の産毛が生えてきました。
一時期の羽毛ですが、綺麗です。
(カメラレンズには写っていませんが……)

2013. 12. 21  
今日は曇りでした。


今日の飛翔は(14:00)、15分ほどでした。

着地。
若鳩2013122101


雛、元気におとなしくしていました。
ひな21013122001

2013. 12. 20  
今朝の降雪量は10cmほど、その後一日小雪舞う、でした。


今日の飛翔(10:00)もパーちゃん、ハーちゃんも躊躇なく、全員
18羽で飛びました。その間に雛仔ちゃんを見ると、ようやく大き
な“ぼたもち”のような感じに育っていました。

一回目飛翔の着地。
若鳩2013122001

若鳩2013122002


二回目飛翔の着地。
若鳩2013122003


三回目飛翔の着地。
若鳩2013122004

今日も除雪などしながら鳩舎に1時間半ほどいました。


2013. 12. 19  
今日は一日曇りで、気温も上がらず(3℃)でした。
雪の予報は外れましたが、今夜からまた雪だるまマークです。

今日がブログ一周年と思っていましたが、実際は昨日でした。
やはり加齢現象です。
まあ今回はどうってことない事なので。しかしやはり他の事でも
アッと思うことがあるので気を付けなければ……。

鳩を飼い始めて一年。
長かったような短かったような。

身近にお手本となる実際に鳩を飼っている人がいなかったために、
本を買って読んだり、ネット上で見たりしながら、また私が所属
した日本伝書鳩協会の支部長さん(Sさん)には電話にて何十回も
いろいろなことを教えていただきました。また白い鳩を番でいただ
いてありがとうございました。(Sさんはインターネットが苦手で
このブログを見ておられませんが……)

スー君を里子としていただきましたイサンパパさんへもお礼申し上
げます。スー君は、私の鳩飼いの無知さから失踪させてしまいまし
たが、現在私が“我が鳩舎一番の飛び頭”と思っているゲー君(♀?)
の一粒種を残してくれました。

また私が「鳩を飼ってみよう!今しかない!」と思ったブログ
『ポロクロ鳩舎のレース鳩日記』(2006年の記事)のポロクロさん
が諸事情により一旦鳩飼いをやめるということで、6羽受け入れま
した。しかしやはり私のミスにより1羽その日に逃げられてしまい、
翌日には残りの5羽にも飛ばれてしまうという失敗を犯してしまい
ました。(来年の春まで閉じ込めて飼育する予定でした)もうこの
時は頭の中が真っ白になりましたが、運よく(こんなことが有り得
るんだ……)4羽が戻って来てくれて、その後元気に飛んでいます。
夢子ちゃん、ポンズちゃん、サンパウロちゃん、ウサギ丸君、元気
です。
(後日、Sさんへこの事を電話で話すと「大阪まであまりの遠さに
諦めて戻ってきたのではないかな……。そんな話初めて聞いた」と
いうことでした)

時々コメントをいただいている若ちゃん、クロちゃんへもありがと
うございます。

このブログはレースが主目的ではなく(来年の秋こそ、まず一回は
参加したいという思いはあります。今年はただただ減らないように、
失踪しないように……と願って飼育していました)、毎回毎回飛ん
でいる写真を掲載している変わりばえのしないブログです。自分自
身の備忘録という意味合いが濃いのですが、もしかしてレース目的
ではなく鳩を飼いたいと思っている人の目にとまって、何か参考に
なればという思いもあります。私がポロクロさんのブログに偶然出
会って飼い始めたように……。(ただ、飼育の仕方が一般的ではな
いので、やはり無理かな……という思いもあります)

鳩たちの目や表情、仕草はいいなといつも思います。
飛んでいる姿も美しいな。
自由に空を飛べていいな。
「否、そんなことないよ!いつ怖いあの鳥がやってくるかもしれな
いとビクビクしているんだよ」
「そうか、でもオオタカは大丈夫だろ?」
「うん、あの大きめの茶色っぽい鳥はだいじょうぶ。私たちより遅
いから。待ち伏せしている場所も分かったし」
「問題は、あの細身の灰色っぽいやつだな」
「そうそう、あれはわたしたちよりも少し大きめなんだけど、翼が
細くて長くカッコいいんだよね。そして速い!嫉妬してしまうわ」
「そうか……、でもアイツより速く飛ぶ訓練をしてみないか?」
「それは無理無理、ぜったいむり……」
……などと、あられもない会話を……。

今日は鳩舎へ行けませんでした。
雛の餌が少し心配ですが、散らばっている餌もけっこうあるので
なんとかなっているでしょう。


2013. 12. 18  
今日は一日曇りでした。


今日の第一回目の飛翔(12:00)は、怪我回復中のハーちゃん(←名
前を付けました。ハヤブサに襲われながらも逃げ延びてきた!)ば
かりでなく、なんと雛暖め中のパーちゃんまでもが躊躇することな
く一緒に飛んでしまいました。


気温は昨日ほど暖かくは感じられなったのですが、もう数十分くら
いは暖めなくても大丈夫と、本能で感じたのでしょう。
その間に写真を撮りました。
ひな21013121801

きょとんとして私を見ています。


今日の一回目の飛翔は15分ほど。朝も多分飛んだことでしょう……。
若鳩2013121801


着地。
若鳩2013121802

私が居る間に2回目の飛翔をパーちゃんとハーちゃん以外で飛んでいました。

それにしても、この写真の後ろの山に建っている憎きトウデンの鉄塔。
景観を著しく破壊しています。
この位置からの写真が一番撮りやすいのでいつもここから撮っています。
昨夕のニュースで短く「政府は今後のエネルギー政策を転換し(つまり選挙の自民党公約(マニフェスト)をいとも簡単に「あれは選挙に勝つための嘘でした!」と言って)ゲンパツを推進する」と流れました。

政府、といっても、しょせん霞が関にダニのように巣喰っている高級官僚ドモでしょう。私と同じ年代の奴ら。
おまえたち、それで恥ずかしくないか?
恥を知れ、恥を!




2013. 12. 17  
今日は一日曇り、午後になり気温も緩み(3℃)ました。


今日の飛翔(12:00)は、第一回目25分でした。
若鳩2013121701

胸に傷の若鳩も飛びました。


雛に足環を入れました。
ひな21013121701

掌に暖かくて“ひとつの命”を感じました。

足環入れにもたもたしていたら、父親鳩パーちゃんが到着台へ出て、
飛んでしまいました。白鳩十羽、灰色鳩八羽、合計18羽全員の飛翔
です。しかし雛の保温が心配で、早く降りろよ~~。

25分で入舎すると餌を食べ、巣房に入って暖めていましたので一
安心です。ここのところ餌の減りが激しく、毎日標準量の1.5倍から
2倍ほど撒いていますが、翌日にはほぼ空っぽになっています。この
大雪でスズメが100羽ほど入るようになったので、スズメのせいかと
も思いますが、主犯は地面の中のネズミではないか……と。ネズミの
穴に石を詰め込んでも次の日にはその横に穴があり、藁を詰め込むと
やや効果がありますが、やはりイタチごっこです。スコップで掘り
返して行けばいいのですが……。


波トタン屋根の雪が少しずつ滑って、鳩舎の裏側のほうへ50cmほど
覆い被さりましたので、落としていたら、鳩たちが驚いて再び到着
台へ出て、飛びました。
若鳩2013121702

パーちゃんをのぞく17羽。
10分ほど。
このあと更に5羽で三回目の自由飛翔を行なっていました。
この中には私が当鳩舎の飛び頭と目しているゲー君も入っていました。
ゲー君は♂ではなく♀と思っています。
また小羽数で何度も飛ぶ鳩たちは、まだ相手が見つかっていない鳩たちかな?
と思っています。


着地。
若鳩2013121703

今日は雪も降らず暖かく、除雪などしながら久し振りに1時間半
ほど鳩舎にいました。偶然、仔犬のランちゃんとヤギのメイちゃん
のお尻が写っていました。


胸に傷を負った若鳩。
若鳩2013121704

普段はここには止まらないのですが、どうやらこの隣りの♂若鳩と
出来ているのか?
この後、いつも入るあたりの櫛形部に二羽入って鳴いていました。
鳴いているのは♂なので、この傷を負った子は♀だろうと思いました。
顔や姿、大きさでは私はまだ判別できません。


2013. 12. 16  
今日は雪のち曇りでした。


今日も到着台の上へ数十センチ積もっていて、トラップ口から出れ
なかったようでした。除雪すると、今日もパーちゃんと怪我の白鳩
若鳩以外は外へ出て飛びました。

鳩舎に居残るパーちゃんと若鳩。
パーちゃん写真2013121601

左、若鳩の胸に黒っぽく見えるのが傷。
パーちゃんの雛は小さいながらもすくすく育っていて、明日か明後日、足環を入れようと思います。


雪に埋もれる鳩舎全景。
鳩舎2013121601


2013. 12. 15  
今朝の積雪は60cmでした。
そして一日中、降ったり止んだり。

鳩舎のトラップ口が到着台に積もった雪で塞がれて、自由舎外が
出来なかっただろうと思いながら行ったら、やはりそうでした。

到着台3か所の雪を下ろして、鳩舎の中へ入ると、ほぼ全員飛び立
ちました。

居残っていたのは、雛飼育中のパーちゃんと、もう一羽は胸部の怪我
の若鳩(多分レー君の一番仔)でした。近くで見ると、かなり深そう
で長い(5cm以上)傷でした。自然(自己)治癒力で治してくれよ。


今日の飛翔は40分くらい。
若鳩2013121501


白い鳩たちは雪と雲の色に溶け込んで見にくいです。
若鳩2013121502


2013. 12. 14  
今朝の積雪は20cmでした。
これが根雪になるかも……。


今日の飛翔は30分ほど、飛びました。
若鳩2013121401


なかなか降りません。
若鳩2013121404


着地。
若鳩2013121405


昨日の傷の仔も一緒に飛んでいました。
パーちゃんの雛を今日も見せてもらいましたが、丸々としてきました。

2013. 12. 13  
今朝は晴れて、昨日積った雪10cmほどが太陽に輝いて綺麗でしたが
午後から霙、雪になりました。


今日の飛翔。
若鳩2013121301


パーちゃんが抱いている雛を見せてもらいました。
三日前よりも一回り大きくなっていて安心しました。
もう一個の卵を取り出して割ってみたら無精卵でした。

レー君の一番仔の若鳩が、左翼の付け根から胸にかけて深そうな傷
がありました。2回目の飛翔の時に飛ばずに鳩舎の中に居たので気
が付きました。多分、昨日か一昨日かハヤブサにやられたと思います。
四五日前に、鳩舎上空に現われたハヤブサを間近に、20mくらい、
見ました。きっとあのハヤブサだろう……。
(いつか捕まえて殺してやるぞ……。冗談です。
殺してやるは冗談ですが、いつか捕まえてやるは半分本気。
今までオオタカを3羽捕まえました。ハヤブサは伝書鳩を飼い始めるまで
この近くに生息していることさえ知らなかった……。生態をじっくり観察
して……)


2013. 12. 10  
今日は曇りのち時々雨でした。


鳩舎へ向かう途中に(13:00頃)、我が家の伝書鳩たちの自由飛翔を
見ました。我が家の、と言っても半径40キロ以内には他の鳩舎はあり
ません。

鳩舎の敷地へ乗り入れる前に、農道に軽トラを止めてしばらく待ちま
した。農道は鳩舎よりも1.5mほど高く、見晴らしがよいのです。
鳩舎への着地シーンを撮ろうと思って。しかしなかなか降りません。
若鳩2013121001

(ヤギのメイちゃんが、シイナ(屑米)を待っています)


最近、このように地面すれすれに飛ぶことがけっこうあります。
上空高く飛ぶことは、私の前ではあまりありません。
若鳩2013121002


鳩舎へ入って雛の写真を撮りました。
ヒナ写真2013121001

携帯を構えてもたもたしていたら、パーちゃんは羽パンチを何度
繰り返してもらちがあかないとみたのか逃げ出しました。

雛は、卵が小さかったためか、雛も小さい。
無事育つことを願って。

明日、明後日とブログを休みます。
餌は三日分くらいいっぱい撒きました。
水は、毎日水浴びしている様子(水面に白い脂粉が浮かんでいる)
ですが、まあ水浴びは適当に。水桶4個のうち1個は、雨樋を通し
て雨水が流れ込むようにしています。天気予報は荒れ模様(雪)。

2013. 12. 09  
今日は晴れました。

丁度一年前の今日、初めての白い伝書鳩(レース鳩)が1羽、我が家
へ届き、飼い始めました。

一年前の今日は、折りしもドカ雪の大雪でした。

あれから、一年。
短いような長かったような……。

最初の一羽目は女の子(♀)と決めていました。
しかしこの一羽目の“パーちゃん”は、その後(春になり)♂と分か
りました。当時のブログを読み返してみて、二羽目の“シー君”を
迎えた時に書いていた大きさの事(あまり大きさに変わりがない)
を読み、またその後の三羽目“ミーちゃん”そして四羽目“スー君”
を迎えて、そのお互いの関係の様子を詳しく書いていた内容を読み
返して、♂と♀の違い、観察をちゃんと自分なりにしていたのだと
思いました。♂♀の思い込みが観察を狂わせてしまいましたが……。


今日の飛翔は15分ほどでした。
若鳩2013120903


若鳩2013120901


今日もパーちゃん1羽居残り、抱卵でした。
水を替えて餌を撒いて、パーちゃんの巣房、背伸びしないと中が
見えませんので背伸びしながらパーちゃんの羽パンチを浴びて、
お腹の下を覗き込むと、なんと雛が1羽孵っていました。

この寒さの中、ちゃんと育つだろうか……。
育ってほしいものです。

2013. 12. 08  
今朝起きたら7cmほどの積雪でしたが、お昼過ぎにはほとんど消
えました。


今日の飛翔。
若鳩2013120802


若鳩2013120801


着地。
若鳩2013120803


若鳩2013120804



2013. 12. 07  
今日は曇りのち小雪でした。


今日の飛翔は10分ほどでした。
若鳩2013120701

若鳩2013120702

若鳩2013120703


シー君ペアの卵1個は一昨日から抱卵を諦めたようで、シー君は飛翔
から戻っても暖めなくなったので、今日割ってみたら無精卵でした。
パーちゃんはまだ2個暖めていて、もしかして孵ったろうかと羽パン
チを受けながら見ましたが、まだです。(こちらもダメなような気が
しますが……)


2013. 12. 05  
今日は久し振りに一日穏やかに晴れました。
これから雪国の厳しい冬を迎える当地方としてはこんな一日はあり
がたい。

昨日、2羽送った方々から「元気に届きました!」という連絡があり、
また居残り組の鳩たち(4羽)の1名の方から血統書(及び所有権証)
が届きました。


今日の飛翔、30分ほど飛びました。
若鳩2013120501


抱卵中のパーちゃんをのぞく17羽が飛びました。
若鳩2013120502


白鳩10羽、灰色鳩8羽、合計18羽来春まで揃っていてくれるといいのですが。
若鳩2013120503


2013. 12. 03  
今日は曇り一時晴れでした。


日通航空便で2羽お送りしました。
たっしゃでな~。


午後、鳩舎へ。
若鳩2013120301


2013. 12. 02  
今日は曇りのち一時小雨でした。


四日前の10羽の足環番号メモから、鳩舎の中はある程度落ち着い
たと思い(サッカー日本代表も中三日休むと疲れがとれる)、今日
は、明日“迷い鳩便”で送る2羽を捕まえました。

しかし、そお~っと近づいて外からトラップ口3か所を閉めようと
思っていたら、一か所を閉めたところで次のトラップ口から2羽飛
ばれてしまいました。1羽は白鳩でしたが、もう1羽は灰色鳩でした。

しまった!と思いながらも、まあいいか。すぐ戻ってくるだろう。
四日前よりは落ち着いて、ゆっくり近づいてメモした足環番号の
カタワラを見ながら同定して、あまりバタバタさせずに1羽捕ま
えました。Sさんからいただいた放鳩籠へそっと入れて、2羽目の
足環番号(グランドチャンピオンの仔)を同定しようとゆっくり
探しましたが見当たりません。

さっき飛び立った1羽がそうか……。しかし、そう思っても数を
何度かぞえても灰色鳩の数が9羽にしかならず、1羽足りません。
もしかして今日の午前中に飛び立ってしまったのだろうか……。

外へ出ると、屋根の上に2羽ではなく3羽とまっていました。
なんで……?

多分そのうちの1羽は、今しがた一人舎外から帰ってきたばかり
ではないか。

様子を見ていると、小雨の中、羽繕いをしながら天然シャワー浴び
をしています。(今日の気温は今の時季としては暖かめでした)

10分ほどで白鳩が鳩舎へ入りましたが、灰色鳩2羽はその後も
20分ほど屋根の上でした。(私はヤギのメイちゃんのヤギ小屋の
中で雨宿りしながら)
若鳩2013120201

右のほうがそうに違いないと思いましたが、実際には左側でした。


2013. 12. 01  
今日は曇りのち晴れです。


今日の飛翔(12:00)は20分ほどでした。
若鳩2013120101


抱卵中のパーちゃん(♂)をのぞく19羽が飛びました。
若鳩2013120102


着地。
若鳩2013120103

着地写真は真近に撮れて(携帯写真)、あとでパソコンへ転送して
大画面で見れますので、羽の撓る様子など迫力を感じます。

プロフィール

雪国

Author:雪国
白い伝書鳩へようこそ!
1955年生まれ。
福島県、雪国南会津に住んでいます。

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
9161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鳥類
337位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。