--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 01. 27  
昨日は吹雪でしたが、今日は晴れました。


今日の飛翔(15:30)も5分ほどで、すぐに入舎しました。
若鳩2014012701


白鳩11羽、灰色鳩8羽の無事を確認。
若鳩2014012702



今日初めて雛若鳩が到着台へ出るのを見ました。
「まだ飛ぶなよ!」と声を掛けると、引っ込みました。



スポンサーサイト
2014. 01. 25  
昨日夕方、鳩舎へ行くと、鳩舎の手前のヤギのメイちゃんの小屋の
屋根に、変なモノが見えた。何だろう?と軽トラを走らせ近づくと、
飛び立つ際の胸の模様と翼の裏の模様からノスリと判明。ノスリは
昨年春に鳩舎から300mほど離れている河川の拠水林に居ること
を一度見たことがありましたが、こんなところまで来ているとは。
拠水林のほうへ飛んで逃げました。

鳩たちが到着台や屋根へ出てくるのを狙っていたのだろう。
しかし鳩たちは18羽全員(雛若鳩1羽を含めると19羽)無事
でした。


昨日の飛翔。
若鳩2014012403


若鳩2014012402


2014. 01. 23  
今日は雪のち晴れでした。


雪の中の飛翔。
若鳩2014012302


若鳩2014012301


雛(若鳩)と両親。
若鳩2014012303


2014. 01. 20  
今日は曇りのち晴れでした。
今朝の最低気温は-6℃で日中陽も射し、大寒としては暖かな一日でした。


今日の飛翔も5分程度でした。
飛翔写真が撮れなかったので、入舎後の写真を。
若鳩2014012001


若鳩2014012002


雛(若鳩)は小柄ながらも、よくぞこの寒さの中育ってくれました。
若鳩2014011901

今日は地面へ降りて餌を啄む姿を見ました。
もう自分で巣房まで飛びあがることもできるだろう。
両親の子育て(保温等)がよかったのだろうと思います。

2014. 01. 18  
今日は朝から晴れました。


今日の飛翔(16:30)
若鳩2014011801


2014. 01. 17  
今日は曇り時々小雪舞うでした。


16:30頃、飛翔しなくてもいいと思いましたが、私が行くと飛んで
しまいます。
若鳩2014011701


5分ほどで着地。
若鳩2014011702


2014. 01. 16  
今日は曇り一時晴れでした。
朝の気温は-11℃。


今日の飛翔は10分ほどでした。

雛(若鳩)と両親(パーちゃん♂と多分シー君の一番仔♀)が居残り
ました。
若鳩2014011601



2014. 01. 14  
今日は小雪のち一時晴れでした。


今日の飛翔(12:30)は、全員18羽で20分ほど飛びました。
若鳩2014011401


陽が射して、飛ぶ嬉しさが私へも伝わってくるような飛翔です。
若鳩2014011402

頭上を通過する時の、翼の風を切る音が力強さを感じます。


着地。
若鳩2014011403


柴犬仔犬のランちゃんが近くに居合わせて、着地の羽の音に驚いて
いました。
若鳩2014011404

柴犬ソラ君は、着地に失敗して地面へ降りて来たら捕まえようと虎
視眈々と狙っています。(今までも何度かあった)


2014. 01. 13  
今日は一日雪でした。


昨夜からの雪(30cm)はトラップ口を塞いでいて、13:30今日
初めての飛翔でした。しかし、私が餌撒きに入舎しても出ようとし
ないので、雪がトラップ口を塞いでいたことに気が付きましたが、
一旦外へ出てスコップで除雪してあげようと思ったら、1羽2羽と
狭い隙間から出て行くので、まあいいか、と。


雛仔ちゃん、もう“若鳩”と呼ぶべきでしょうか、今日も巣房から
出て地面にいました。まだ自分で巣房に戻れないかもしれないと思
い今日も捕まえて巣房へ入れました。(今日も真冬日、最高気温-
4℃。今夜も-10℃くらいまで冷え込む予報です)
ひな2014011301

女の子でもあるようだし、男の子でもあるようだし、分かりません……。


今日初めての飛翔にしては10分ほどで着地でした。
若鳩2014011301

しかし到着台の除雪がまだでしたので、慌てています。


白鳩4羽と灰色鳩1羽が入舎しましたが、13羽が再び飛び立ちま
した。
若鳩2014011302


20分ほど飛んで着地。
若鳩2014011303


到着台の除雪も済んでいましたので、次々に入りました。
若鳩2014011304


2014. 01. 12  
今日は朝から晴れました。
-11℃。


今日の飛翔。
若鳩2014011201

18羽全員で青空と雪原を背景に美しい飛翔でした。


雛仔ちゃんが巣房から飛んで、地面の上にいました。
明日の最低気温も-7℃ほどまで下がる予報。
捕まえて巣房へ入れました。

2014. 01. 09  
今日は曇り一時雪でした。


今日の飛翔も5分ほどでした。
着地後すぐに入舎でした。
若鳩2014010901


2014. 01. 08  
今日は晴れのち曇りでした。


今日の飛翔も5分ほどでした。
あっという間に着地で、飛翔写真を撮れませんでした。
鳩舎内の写真を、外から。
若鳩2014010802


若鳩2014010801


2014. 01. 07  
今日は朝から晴れ渡りました。
-12℃。


今日は真っ青な空と輝く雪原を背景に飛翔写真を撮ろうと思っていましたが、
5分ほどで着地でした。
若鳩2014010701

まだあのハヤブサの影響だろうか……。


雛仔ちゃん元気に育っています。
ひな2014010701

散らばって見えるトウモロコシは、過日のスズメによる餌被害をS
さんに電話で話した時「雛の餌に影響しないように巣房の端っこに
小さな器に入れて置くと、親がそれを啄んで与えてくれる」という
ことを聞いて実施していたものです。もう自分でも啄んで食べてい
るような感じです。

今日は鳩舎の中に相変わらず50羽以上のスズメがいましたが、そ
の中に少し大きめの野鳥が1羽。なんとスズメを咥えて飛びまわっ
ているではありませんか。モズでした。モズは私が小学4年生の時
に雛を1羽だけ巣から捕ってきて育てようとしたことがありました。
しかし知識不足で、それまでスズメの雛は何羽も市販の擂り餌で育
てましたが、モズの雛は一週間ほどで死んでしまいました。擂り餌
のタンパク質成分が不足していたためだったろうか……と、その後。

素手で捕まえようと追いかけ回していると(モズの嘴の痛さは、オ
オタカの爪からすると蚊ほどの痛さですので)、スズメを落とし
(頭が半分くらい喰われていた)、トラップ口から逃げて行きました。
モズは間近で見るとほんと美しい毛並みの野鳥です。

2014. 01. 06  
今日は小雪舞い、二日連続の真冬日です。


お昼、鳩舎へ行くと、飛ぶ気満々で続々と外へ出てきました。
若鳩2014010601

私が鳩舎へ入ると雛の両親(パーちゃん夫妻。隣りの巣房の上なので
もしかして次の卵を産む算段をしているのではないだろうな……、い
くらなんでもこの氷点下の世界では無理でしょう……)とゲー君、夢
子ちゃんが残っていましたが、餌を撒き、雛の様子を見ていると外へ
出て飛び立ちました。


しかし私が、中に残っているスズメたち(80羽くらいいつも入って
いますが、2/3ほど出て行った)を懲らしめてやろうとトラップを閉
めて追いかけ回していると、バタバタと帰着の羽音。
若鳩2014010602

トラップが閉まっているので入れませんでした。
開けてあげると、すぐには入りませんでしたが、まもなく入舎。
やはりあのハヤブサなんだろうか……。

2014. 01. 05  
今日は曇りで、真冬日でした。


今日の飛翔は5分くらいで、着地後あっという間に入舎しました。
若鳩2014010501

2014. 01. 04  
今日は一日小雪舞うでした。
数センチ積もったのみ。


ところで、昨日の二枚目の写真「着地」。
撮る前から逆光になるとは思っていましたが、逆光の写真は思いも
よらぬいい写真が撮れることもたまにあるので撮りました。
携帯からパソコンに送り、パソコンで開いた時に太陽の周りに変な
模様があることに気づきましたが、そのまま掲載しました。

今朝の新聞(地元紙『福島民友』)を見ていたら、福島地方気象台
で観測された珍しい写真「太陽がくれた芸術」というこうことで
“幻日”“日がさ”“環太陽アーク”というものが同時に現われた
という写真が載っていました。大気中にある氷の結晶が太陽光を屈
折させる、とのこと。私の写真には“日がさ”っぽい虹色が少し写
っています。


今日の飛翔第一回目(12:00)は30分ほど。多分、午前中は重く
垂れ込めた鉛色の空(とあのハヤブサに警戒したためか……)に飛
ばなかったか、と思いました。

まだまだ飛ぶ、とのんびり構えていたら、着地は、あっという間に。
そして急ぐように入舎。(やはりハヤブサか)
飛翔写真も着地写真も撮れませんでした。

まあ、しょうがないか。
屋根から50cmほどせり出した雪(氷)をスコップで落としてい
ると、餌を食べ終えて寛いで縄張り争いをしていた鳩たちが再び
到着台へ出て飛びました。雛仔ちゃんの両親2羽のみ、巣房の上に。


白鳩8羽、灰色鳩8羽の飛翔。
若鳩2014010401


着地。
若鳩2014010402


2014. 01. 03  
今日は朝から晴れて-13℃でした。


今日の飛翔は15分ほどでした。
若鳩2014010301


着地。
若鳩2014010302



2014. 01. 02  
今朝の降雪量は40cmでした。


今日の飛翔。
昨日怪我したゲー君も一緒に、全員18羽で飛びました。
若鳩2014010202


雪に紛れて、遠くへ行くと白鳩たちがよく見えません。
若鳩2014010203


トラップ口が雪で塞がれていて、今日初めての飛翔であったためか
30分ほど飛んでいました。
若鳩2014010204


着地。
若鳩2014010205

ゲー君は今日も単管パイプへ止まりました。


雛仔ちゃん、元気です。
ひな2014010201

私に、怯えています。
「まあまあ、そうこわがらないで……」と話しかけながら、抱きました。

2014. 01. 01  
新年、元旦、青空と雪原を背景に飛翔写真を撮ろう!と思ってい
ましたが、あにはからんや。

初っ端からハヤブサの襲撃に遭いました。

飛び立って数分。
私は鳩舎の中で、餌撒きをして、雛の様子を見ていたところ、異様な
音が。
屋根と壁(波トタン)そしてネットへぶつかる鳩たちの音。
初めて聞きました。

その瞬間に、ハヤブサだ!と思いました。
すぐに外へ出て、周囲の空を見回しましたが、ハヤブサの姿は見えず。
鳩たちが屋根や到着台の上には半数で、半数は地面の雪の上に居ました。
パニック状態でした。

ゲー君が、周囲の柵に張り巡らしている単管パイプの横棒の上へ止
まっていて、その下の真っ白な雪の上に夥しい鮮血が散っていました。

近づいて様子を見ると、お尻あたりからまだポタ、ポタと血が落ちて
いる。尾翼の脇の深い羽毛のあたりでした。傷は見えず。

鳩舎へ誘導しました。
若鳩2014010102


若鳩2014010101


若鳩2014010103


プロフィール

雪国

Author:雪国
白い伝書鳩へようこそ!
1955年生まれ。
福島県、雪国南会津に住んでいます。

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
5485位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鳥類
216位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。