--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 02. 25  
今日は晴れのち雪です。


雛へ一昨日装着した足環が外れてなくなっていたので、今日新たに
次の番号の足環を装着しました。
ひな2014022501

日本伝書鳩協会の今年の足環の色はピンクです。
装着に少し手間取りましたが、抜け羽の軸を使わなくても親指が
抜けました。

外れた足環を巣房内、巣房周り、鳩舎内、……と探しましたが見つ
かりませんでした。親が咥えて到着台の外へ捨てたのだろうか……。


今日の飛翔はわずか数分ほど。
あっという間に、屋根へ降りる音。


スポンサーサイト
2014. 02. 23  
今日は曇りのち晴れでした。

昨日、姪の結婚式で妻と東京へ出かけ、感動的な披露宴も無事終わ
り、東京駅への送迎バスが出るまで時間があったので、タバコを
吸うために、喫煙所の中庭は太陽の光が当たらないので、正面玄関
を出て広い公園っぽいところでタバコを吸おうとしたら、鳩が1羽
いました。

ドバトだな?
足環は付いているのだろか……。
当地方にはドバトは1羽もいないので、興味津津です。
ゆっくり近づいて足を見ましたが、足環は付いていませんでした。
そして我が家の鳩たちと比べるとかなり小柄でした。
なにかお菓子を持っていればよかったのですが、なかった。
携帯で写真を撮ったつもりが、今見たら保存されていませんでした。
(料理の美味しさにビール、日本酒、ワインをたくさん飲んだので
かなり酔っていたようです)

捕まえようとゆっくり近づきましたが、飛んで逃げました。
あたりまえですね。
元気でな!


今日14:00頃、青空のもと10分ほど飛びましたが、私が鳩舎内に
いる間に着地しました。
2/18に孵化した雛に足環を入れました。
ひな2014022301

明日は鳩舎へ行けるかどうか分からなかったので今日入れましたが、
ゆるゆるでした。


この2羽は入舎しないで、いつまでも屋根の上で睦み合っていました。
若鳩2014022302


2014. 02. 21  
今日は小雪時々晴れでした。


今日も屋根へ上がるものの飛びませんでした。
若鳩2014022101


鳩舎内にはまだけっこう多くの雪が残っています。
若鳩2014022102


パーちゃん夫妻のもう一個の卵は昨日も孵らず、今日も孵ってなく
割ってみたら無精卵でした。(やはり割る時には勇気がいりますね)


2014. 02. 19  
今日は朝から小雪舞いながらも時々陽も射しています。


昨日は写真を撮っておきながらも、除雪に疲れてブログ書けません
でしたので、昨日の写真から。

昨日(13:00頃)も10分ほど飛びました。
着地。
若鳩2014021801

後ろの上空を飛んでいる鳥は、マガモかカルガモです。この右側に
3羽いました。マガモだとすると北へ帰る準備をしているのか、
カルガモだとすると繁殖の準備をしているのか……。


今年は雪が多く、到着台の高さは地面から170cmくらいありますが
除雪で積み上げた雪の上から撮ると、見降ろせます。
若鳩2014021802


パーちゃん夫妻の雛が1羽孵りました。
ひな2014021801

卵の殻がまだ残っているので、孵化後数時間か。
暖めるパーちゃん(♂)の姿がなかったので、たぶん餌が全くなか
ったので、いっぱい撒いたのでそれを食べに地面へ降りていたか。
あやふやな観察です。この寒さの中(連日真冬日)元気に育ってほ
しい。

パーちゃん夫妻の昨年12月6日孵化の雛(若鳩)1羽は、他の鳩
たちに交じって飛んでおり、遅れることもなくなり、ハヤブサ(オ
オタカか?)の餌食になることもなく、今のところ大丈夫です。

代わりに……。
2月2日~3日にかけての襲撃以来、灰色鳩3羽が戻ってきません。
追われて、逃げたときに、自鳩舎方面へ飛んで行ったのであればいい
のですが……。

一般的に白い鳩は目立ちやすいので猛禽類に襲われやすいということ
ですが、雪国の冬季間においては逆なのかもしれません。


今日13:30頃。
ひな2014021901

もう1羽孵ったかなと、パーちゃんの羽パンチを浴びながら見させ
てもらいましたが、まだでした。

今日は飛びませんでした。
午前中に一度飛んだのかもしれません。



2014. 02. 16  
今日も雪でした。



昨日は鳩舎へ行けず、昨日の大雪(50cm)でトラップ口は重い積雪
(湿雪)で閉ざされているだろうと、今日まずトラップ口を除雪して、
鳩舎へ入ると、鳩たちは抱卵中の♂2羽以外は全員外へ出て、飛びました。
若鳩2014021601


若鳩2014021602


小雪の中10分ほど飛んで着地。
若鳩2014021603


鳩舎の中、土の地面の上へも全面雪が吹き込んでいます。
若鳩2014021604


2014. 02. 14  
今日は曇りのち雪でした。


夕方16:40、今日も飛びませんでした。


鳩舎の中から。
若鳩2014021401


外から。
若鳩2014021402


若鳩2014021403


2014. 02. 11  
今日は晴れました。


青空と雪原に映える飛翔を見れるかな、と思いましたが今日も飛び
ませんでした。
若鳩2014021101



若鳩2014021102


鳩舎全景。
鳩舎2014021101



夢子ちゃんのお相手は、昨年秋に迷い鳩として譲り受けた3羽の
うちの1羽(BS、2月4日の一緒に写っている写真)でした。




2014. 02. 10  
今日は曇り一時晴れでした。


今日(15:00)も飛びませんでした。
しかし到着台の雪の踏み跡や様子から、午前中に飛んだ感じです。


鳩舎内写真。
若鳩2014021002


若鳩2014021003



夢子ちゃん、今日はこっちの方を向いて暖めていました。
若鳩2014021001


2014. 02. 08  
今日は一日雪で30cmほど積もりました。
更に明朝まで降り続く予報で、多分明朝は40cmほど積もってい
るのではないだろうか……?
東京でも17年?振りの大雪(20cm?)だとか。



今日(14:00)も飛びませんでした。


昨日の鳩舎内の写真。
若鳩2014020701



夢子ちゃん、2個目の卵を産んでいました。
巣房に親鳩の姿はなく、巣房の中の卵を触ってみると暖かいので
大丈夫……、と期待。


2014. 02. 06  
今日は小雪で寒い一日でした。


16:30今日も屋根まで上がりましたが、飛びませんでした。
入舎後の様子。
若鳩2014020601


夢子ちゃんが、卵を1個産んで暖めていました。
若鳩2014020602

一体相手は誰だろう……?
全く気が付きませんでした。


2014. 02. 04  
今日は雪が降ったり止んだりでした。


朝7:30鳩舎へ行くと、夢子ちゃん(ポロクロ鳩舎さん)が戻っていました。
若鳩2014020401

嬉しかった。


パーちゃん夫妻の他にも二組巣作り始めています。
若鳩2014020402



今日も屋根まで上がったものの飛びませんでした。
いずれ自主飛翔すると思うので強制飛翔はしませんでした。


2014. 02. 03  
今日は晴れで暖かい一日でした。


昨日、1、2羽少ないのではないか……、と感じていました。
鳩舎内部は外から見ると死角になる部分があって「明日きちんと
数えよう」と思って、今日出かけてみると明らかにもっと少ない。
3、4羽くらい少ないのではないか……。


今日も飛びませんでした。
到着台へ出て、屋根まで上がりましたが飛ばない。

正確な羽数は、戻ってきて入舎したときに数えようと安易な考え
で、まずは青空と雪原に映える飛翔姿を見たい!

しかし、手を振っても飛ばない。
この半年以上、手を振らなくても自由に(勝手に)飛び立っていました。

半年ぶりに仕舞って置いた渓流竿を伸ばして、振りかざしました。
すると飛ぶには飛びましたが、いつもの飛び方とは違う。
いつもは上空に舞い上がりますが、今日は水平に飛んで、鳩舎の
屋根の向こうの方へ行ってしまい、姿が見えない。

おかしいな……、と思いつつも裏側へ回って見た時に上空を飛ぶ
我が家の鳩たちの群れを、離れて追う(多分)ノスリを発見。

あの間抜けな飛び方は、オオタカではなくノスリだろう。
上空へ舞い上がれません。

しかし遠くて判別は出来ず。
ノスリは一度鳩たちを追いかけましたが全く届かず、諦めてか、
東の山のほうへ飛び去る。ノスリの縄張り(巣)は別方向と思
っていましたが、不明。

すぐに雛若鳩(初めての舎外飛翔でした)ともう一羽白鳩が、矢
のように戻って来ました。こんな飛び方も初めて見ました。
若鳩2014020301

手前、雛若鳩。奥、昨年夏生まれの♀子ちゃん。


その後5分ほど飛んで、帰着。
若鳩2014020302

やはり、すぐに急ぐように全員入舎しました。


入舎後、数をかぞえると、白鳩11羽、灰色鳩3羽でした。
昨日は白鳩が1羽くらい少なく、灰色鳩が2羽くらい少ないかな
という感じでしたが……。

鳩舎周りの除雪をしながら何度も鳩舎内を覗いていると、1羽
ポン!っと小さな音をたてて到着台へ直接降りて、すぐに入舎す
る灰色鳩があり、4羽へ。
残り4羽は、昨日と今日で居なくなってしまいました。


2014. 02. 02  
今日は曇りのち晴れで、暖かい一日でした。


今日は(12:00)外へ出て屋根へ上がったものの飛びませんでした。
若鳩2014020201

少し前に自主飛翔をしたばかりだったのか、或いはハヤブサの襲来が
あったのか。

雛若鳩は到着台まで出るのですが、屋根へはまだ上がれないようです。


2014. 02. 02  
※※※この記事は1月30日の記事です。操作の手違いで2月2日
になってしまいました。(操作ミスの覚えはないのだが……)※※

一昨日は雪のち吹雪でしたが、昨日は一日晴れ、そして今日は曇りです。


昨日の飛翔(16:30)は5分ほどでした。
着地。
若鳩2014020102


巣立った雛若鳩と同じ巣房で、パーちゃん夫妻が新しい藁を運び込
んで、パーちゃんの奥さん(名前はまだです。純白鳩で性格は穏や
か、立ち姿も綺麗。飛翔姿は……?)が卵を2個産卵しました。
若鳩2014020101

パーちゃん(♂)はこの隣りの巣房も確保しているので、次はそこへ
巣を作ると思っていましたが、寒さ(連日ほぼ真冬日)のためか今回
も同じ巣房を使いました。


プロフィール

雪国

Author:雪国
白い伝書鳩へようこそ!
1955年生まれ。
福島県、雪国南会津に住んでいます。

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
6194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鳥類
239位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。