--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 04. 30  
今日は小雨のち曇りでした。


昨日、カラスに雛4羽(2組、白鳩)遣られていて、今日1羽
(まもなく巣立ち間近と思っていた夢ちゃん&BS君の雛)。
カラスに雛たちが遣られることは耐えがたいが、現実。

そして今日は軽トラの運転中、目の前で再びハヤブサの襲撃を見る。
最初は前回と同様にBS君(大きい♂)が2羽一緒に飛んでいる?、と
思いきや、ハヤブサでした。

軽トラを農免道路の路側に止めて、見守ると、我が家の裏山方面
(東方面)へ逃げて(なんであっちへ逃げるんだ?)、米粒のよ
うに小さく何度か翻る様子が見えましたが、その後不明。多分、
逃げおおせたのではないか……。

成鳥や巣立った雛が猛禽類に遣られるのは仕方ない……と思いま
すが、カラスが雛を襲うのは許せない。

しかし、いまだ方策が見えない。
(トラップ口を開け閉めするのは出来ないので……)

スポンサーサイト
2014. 04. 28  
今日も晴れました。


11:00頃天気も良く、桜も咲いたし、心弾みながら鳩舎へ行ってみ
ると、一昨日撮った雛たちのうち4羽がカラスに遣られていました。
昨日も元気一杯だったのに……。

ショックで……。
(記録のための更新です)

2014. 04. 26  
今日も晴れました。


五月下旬並みの暖かさ、雛たちが続々と(と言っても2ペアから)
孵りました。


まず、こちらは。
ひな2014042601


この父鳩の足環番号をきちんと確認しようと捕まえようとしましたが
逃げらてしまいました……。
ひな2014042602


サンパウロちゃんの雛たちも孵ったばかりです。(卵の殻)
ひな2014042605


夢ちゃん&BS君の雛はこんなに大きくなりました。
ひな2014042603


ゲーちゃん&ソー君の雛。
ひな2014042604



今日の飛翔もいっぱいでした。
若鳩2014042601


天気がよく暖かい。
若鳩2014042602


少し高くも。
若鳩2014042603



2014. 04. 25  
今日も晴れました。


昨日、ソー君&ゲーちゃんの雛へ足環を入れました。
ひな2014042401

もう1羽の写真も撮ったのですが、携帯からパソコンへ転送する時
に操作を誤って削除してしまいました。(パソコンメールならゴミ
箱から復旧できますが、携帯は不可能)


久し振りに青空を背景に飛翔写真。
若鳩2014042501-2


ヤギのメイちゃんの小屋へ入って、岩塩を食べていました。
若鳩2014042501

この後さらに2羽も。


2014. 04. 23  
今日も晴れました。


今日も飛びませんでした。
鳩舎の中をパチリ。
若鳩2014042301


2014. 04. 22  
今日は曇りのち晴れでした。


お昼頃、母鳩たちは飛翔運動や毛繕いを終えて鳩舎へ入り、お昼寝
の時間帯へ入る頃と思いますが、この2羽は入舎せずにヤギのメイ
ちゃんの小屋の中へ入りました。
若鳩2014042201

ヤギ小屋の中は、一面稲藁に覆われていますので何を食べようとし
たのか。もしかして、メイちゃんの岩塩を啄んでいたのかも……。


2014. 04. 20  
今日は曇り時々晴れでした。


今日は11:00頃、母鳩たちは屋根へ上がってそよ風を浴びながら毛繕いです。
若鳩2014042001

気持ち良さそうです。


親鳩が居なかったので撮ってみました。
ひな2014042001

嘴をカチカチ。


2014. 04. 18  
今日は小雨のち晴れでした。


今日は11:00頃鳩舎へ行きましたが、屋根へあがるものの飛びませ
んでした。
若鳩2014041801


カラスによる被害は、その後なくなりました。
まず、雪が溶けてカラスの餌が豊富になってきたことが第一だろう
か。そして、時々ヤギのメイちゃんを見にやってくる人が増えてき
たこと、また私が柴犬ソラ君&ランちゃんを連れて行くようになり、
カラスがどこかで見ていて少しは危険を感じたのかもしれません……。


2014. 04. 17  
今日も晴れました。


昨日、夢子ちゃん&BS君の雛(3/29産卵、4/11孵化)へ足環を入れました。
ひな2014041701

すくすく、ぼた餅のようになりました。


そして今日、ソー君&ゲーちゃんの雛(3/29産卵)が2羽孵っていました。
ひな2014041702

昨日も見たのですが、卵2個とも孵っておらず、もうダメだろうか
ら、卵を捨てなくてはならないな……、と思っていましたが捨てな
くてよかった!


母鳩たち6羽(白4、灰2)と、配偶者を獲得することが出来なか
った♂白鳩2羽です。
若鳩2014041701



2014. 04. 14  
今日も晴れました。



昨日の飛翔写真より。
若鳩2014041301



若鳩2014041302



若鳩2014041303



2014. 04. 11  
今日も晴れましたが、風の強い一日でした。


今日は15:00過ぎて鳩舎へ行きましたが、やはりこの時間では飛ばない。


夢子ちゃんとBS君の雛が1羽孵りました。
ひな2014041101



2014. 04. 10  
今日は晴れ一時小雨でした。


12:30頃鳩舎へ行きました。
この時間帯はまだけっこう飛びます。
若鳩2014041001

8羽の飛翔。高度もあげて10分ほど。
♀6羽、♂2羽だと思っています。


着地。
若鳩2014041002

鳩舎の裏側から撮ってみました。
着地写真はけっこう間近かで撮れるので、あとでパソコンへ転送し
て大画面で見れるのが楽しみです。


今日は抱卵中の♂君をパチリ。
若鳩2014041003


こちらも。
若鳩2014041004



2014. 04. 09  
今日も晴れて暖かでした。


14:00頃鳩舎へ。
若鳩2014040901

屋根へ上がったものの飛びませんでした。
時間が時間だから……と思いました。

昨日は11:00頃、偶然我が家の書斎の窓から6羽の飛翔を見ること
ができました。鳩舎と統合保育所の中間あたりをのんびり飛んでいました。


昨日1個だった巣房が今日2個に。
卵2014040901


ここは1個。
卵2014040902


こっちは2個。
卵2014040903


いずれも♂君がいませんでしたが、触ってみると暖かいので。


2014. 04. 04  
今日は曇りでした。


13:00頃鳩舎へ行くと、なんと駐車場の土の上に5羽の鳩たちが
いるではありませんか。
若鳩2014040401

驚きました、ここまで行動範囲を広げているとは。先日、鳩舎脇の
地面に降りて土や草を啄んでいたのは、まあいいかと思いましたが、
ここまで範囲を広げると、次は……。(周囲半径200mにはアス
パラ畑が二か所あるだけで、他は田んぼだけなのでなんら迷惑を及
ぼすことはないと思っていますが……)



次に驚いたことは、昨日に続き今日も2羽のペアが鳩舎ではなく、
ニワトリの飼育スペース(2.5間×2間)に入っていたことでした。
若鳩2014040402

昨日も、どう考えても入り込む隙間はないのですが、捕まえて外へ
出したはずが、今日また入っていました。

2014. 04. 03  
今日は晴れのち曇りでした。


今日は14:00頃鳩舎へ行くと、遠くから数羽屋根へ上がっているの
が見えて、駐車場へ軽トラを滑り込ませる時に5羽飛び立ち、その
数十秒後に5羽、合計10我が飛びました。
若鳩2014040301


若鳩2014040302


2014. 04. 02  
今日も晴れ、暖かでした。
鳩舎周囲の田んぼの雪は、土手の陰を除いてほぼ消えました。


今日も11:00、7羽飛びました。
14羽中、7羽なのでもしかして♀7羽なのか……?
♂は2羽抱卵中で、他の5羽は縄張り(巣房)確保中、とか。
そんなうまいわけにはいかないでしょうが……。

ほんの数分、数周回って着地後、急ぐように入舎しました。
若鳩2014040201


2014. 04. 01  
今日は晴れて暖かな一日でした。


今日は午前中、といっても11:00でしたが鳩舎へ行きました。
いつものように餌を撒き、抱卵している二組の♂君の様子を見なが
ら声を掛け、他のペアに産卵はないかどうか巣房を確認したりしな
がら、屋根へ半分以上は上がったものの、今日も飛ばないだろうな
……などと思いながら、暖かい陽射しを浴びながらゆっくりしてい
ました。

すると、最初に3羽飛び立ち、そしてすぐに2羽追い掛け、そして
一周して戻って来ると、トラップ口から更に2羽出て飛び立ち、合
計7羽で、半径約200mくらいの範囲を数周していました。

青空に映えていいな~、久し振りだな~、とぼんやり眺め入ってい
ると、急に様子が変。目の前、30mほどの距離でした。

最初は、もう1羽、灰色鳩が私の背後の鳩舎から飛び立ち、群れへ
混ざったのだろう、と瞬間的に思いました。少し大きいので灰色鳩
の♂だ。しかし、それにしてもちょっと大きいぞ!尻尾も長い!

その瞬間翻って鳩を襲う姿、飛翔を見て、ハヤブサだ!と分かりま
した。まさか、私が立っている所からほんの30mほどの距離に
ハヤブサが現われ、そして襲うとは。

ほんの数秒の間に7羽の群れの中で2回アタックして逃げられ、3
回目のアタックは群れからはぐれた1羽(白だったか、灰だったか
は不明。気が動転していました)に向かう時、私はこれはもうダメ
だ、捕られてしまう!と思いましたが、爪がほんのわずか掠った
程度で逃げおうせました。

ハヤブサの狩りは、そのほんの数秒で失敗し、終了し、どこへ飛ん
で行くかを見ていたら、東の山へゆっくり飛んで行きました。
ということは、今までの私の予想からするとこの方向の山にはオオ
タカの縄張りはあるがハヤブサは居ないと思っていましたので、も
しオオタカと縄張りを分け合っているとすると、私の鳩舎半径800
mの範囲にハヤブサは3羽居ることになる……。オオタカは4羽。

しかし、あのハヤブサはでかかったな。翻った瞬間に見た胴(胸)
はズングリしていた。ということは♀だろうな……。(猛禽類は♀
のほうが大きい)

6羽は纏まって南方向へ逃げ、1羽はぐれて逃げ延びたのは西方向
へ逃げた。

1時間以上戻っては来ないだろうか、と思いながら、ヤギのメイち
ゃん&柴犬ソラ君&ランちゃんと遊びながら待っていると、鳩舎の
屋根へ着地する羽音が聞こえて、20分ほどで7羽全員そろって戻っ
て来ました。
若鳩2014040101

携帯カメラを構える間もなく、すぐに入舎。

全員無事でよかった!


プロフィール

雪国

Author:雪国
白い伝書鳩へようこそ!
1955年生まれ。
福島県、雪国南会津に住んでいます。

カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
6194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鳥類
239位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。