--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016. 09. 26  
昨年12月28日以来の約九か月振りの更新です。
理由は、コメントが書き込まれて「更新待ってます」とのことで。

『白い伝書鳩』のブログを書かなくなってから、鳩さんたちの写真を撮ることもめっきり少なくなりました。
下記の写真は9月5日撮影の飛翔写真です。
白い伝書鳩20160905

先頭の真っ黒鳩は、群馬県のHさんから種鳩用にと贈られた“クロちゃん”(♂)です。

私の軽トラを鳩さんたちは覚えていて、軽トラが農道をゆっくり走って行くと鳩舎の屋根にいた鳩さんたちが一斉に飛んで「お出迎え飛翔」をしてくれます。現在も「完全自由舎外」飼育をしています。

鳩舎のある場所(20m×40mの田んぼを埋め立てて作りました)から我が家までは、直線距離で500mほど離れていますが鳩さんたちは我が家の上空まで飛んで来ることがあります。
「ほら、ほら、あの軽トラに犬小屋が積んである家が、飼い主様のおうちだよ!」
「ふ~ん、そうなんだ!」と若鳩たち。


昨秋時点で、羽数が約40羽まで増えましたので、今春から繁殖制限をしなくてはならないと考えていましたが、冬の間にイタチに遣られて12羽まで減ってしまいました。

鶏舎(2間×4間)の周囲は平均積雪が60cmくらいあり、数日に一回くらいは新雪が積もりますので、イタチが来れば足跡が付いて分かるのですが、一度もイタチや他の獣の足跡は確認できませんでした。しかし、被害の状況はまぎれもなくイタチの仕業でした。(首だけを取られて、血を吸われる)

春になって、もっと雪深いところに住んでいる友人と話していて、友人が「イタチは雪の中にトンネルを掘って動き回ることもある」と言うので、雪上に足跡が見当たらなかったことは理解できましたが、しかし鶏舎内部に穴らしき、隙間らしき箇所は見当たらなかったので、やはり侵入箇所は未だ分かりません。

毎朝餌あげへ行くと、2羽3羽と横たわっている姿を見て涙が出るのと怒り、いろいろ手を尽くしましたが、結局イタチを捕らえることはできませんでした。(守ってあげることが出来なかった自分の無力さ)

また、あと三カ月も経てば冬がやって来るので。


完全自由舎外における繁殖制限は、福島市のSさんに相談して、擬卵を使うことにしました。
来春以降になりますが……。

今年の春から秋のハヤブサとオオタカの飛来は、一度もありませんでした。
アオダイショウの侵入も一度もなし。
春レースと秋レースの迷い鳩たちの入舎も1羽もありませんでした。


スポンサーサイト
プロフィール

雪国

Author:雪国
白い伝書鳩へようこそ!
1955年生まれ。
福島県、雪国南会津に住んでいます。

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
5485位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鳥類
216位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。