--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 05. 05  
今日も晴れましたが、風やや強しです。

今日は“こどもの日”でした。
子どもはいつの時代にも、いつでも、いいものですね。
誰の子どもでも、どんな子どもでも、あたたかく見守ってあげたいと思っています。

我が家の子ども(息子二人)は家を離れ(宇都宮&東京)生活して
いますが、ときどき家に帰ってくるのでいいなと思っています。

レース鳩が鳩舎へ帰るのは帰巣本能ということですが、やはり
「あの鳩舎、外見はぼろだけど住み心地がいいから帰りたい!」
と思ってくれるような飼育をしていきたいと思っています。

私は歳も歳ですので、レース鳩飼いは出来てあと二十年と思ってい
ます。それで、いわゆるレース鳩飼いのセオリーからは外れる飼い
方と思いますが、2点ほどあります。このブログを最初の頃から
お読みのベテランの方は多分「それで大丈夫かな……」と感じられ
ているのではないかと思います。

第1点目は、土(地面、大地)の上で飼育するということです。
そして第2点目は、薬剤を使わないということです。
“疎飼い”を前提としてです。
まだ飼い始めて約五ヶ月ですが……。


第1鳩舎、雛ソー君。
ソー君2013050501

頭の上が少し黄色っぽく汚れたようになっていました。
なんだろう……?様子をみます。


パーちゃん、雛ソー君の居る巣房の隣の巣房に入っていました。
パーちゃん写真2013050501

ここはパーちゃん(♂)が前から占領していた巣房でしたので、もしか
してパーちゃんの奥さんミーちゃんが2番仔の卵を産んだか……、と
思い、見てみると、なんと!既に卵が2個ありました!
んん~、たしか昨日も見たはずだったが……。
しかしよく思い返してみると、ここ数日はこの巣房の中は覗いてい
なかったのでした。


女子会。
ミーちゃん写真2013050501

左からミーちゃん、グーちゃん、サーちゃん。
男性(それぞれの夫)は巣房にて抱卵しています。


第2鳩舎、スー君。
スー君写真2013050501


スポンサーサイト
NEXT Entry
晴れ
NEW Topics
九か月振りの更新です
小雪のち曇り
晴れ
迷っていて……、継続することにしました
曇り
雨のち曇り
曇り時々小雨
灰色鳩、無料にて差し上げます
曇り時々雨
晴れのち雷雨
晴れ
晴れのち曇り
曇り
曇りのち晴れ
晴れ
Comment
拝見いたしました
『青い空に白い鳩』拝見させていただきました。
ネーミングぴったりですね。
私もそのようなイメージをもっていました。
(それと当地の真冬には“雪降る中を白い鳩”のような)
スー君を失踪させてしまって落ち込んでいましたが立ち直りました。
ブログのURL
私が書いているコメントの右下に、
日付と名前とURLがありますよね!?

そのURLの部分をクリックすると、
私のブログに飛んで行きますよ。(^_^)

わけあって、しばらくブログの
書き込みはお休みしますが、過去に
馴致の様子などの日記がありますので、
参考にはならないかもしれませんが、
よろしかったら、ご覧ください。

雪国さんのブログは、白鳩好きな私には
とても癒される存在です。
もしよろしければブログを教えてください
若ちゃんもブログを書かれているのですね。
もしよろしければタイトル名やURLを教えてください。
2番仔まで育っているということは、1番仔はいわゆる馴致訓練を
始めているのでしょうか?どのようにされているのか興味あります。
白いレース鳩は、近親交配をしなければ大丈夫と思い遠い血筋を選びました。
作出した雛
そうですね、ニワトリは砂浴びしますし、
鳩は土をついばむのが好きですよね。

あ、若ちゃんでいいですよ。(^^)

最初に購入したのが5ペアで、1番仔も2番仔も
9羽ずつ育ちました。
他にもご厚意で頂いたペア鳩や、お借りしている
ペアもおります。

私も白鳩ばかりにしたかったのですが、
ブログを拝見して下さる方々の応援で、鳩舎内が
だんだん黒くなってきました。(笑) 
でも、白鳩ばかりでは身体が弱くなるので、
濃い色の鳩も必要ですよね。
“疎飼い”がポイントでは
そうですね、ほとんどの時間は止まり木の上ですが、
餌を食べているとき以外でも地面の上で寛いでいる
ことがあるような気がします。
また鶏や鳩は一般的に湿気に弱いと言われていますが、
風通しのよい陽当たりのよい飼育環境では地面からの
自然な湿気は体によいような気がします。
いずれにしても“密飼い”ではなくて“疎飼い”が
前提であると考えているのですが、まだまだそれを
確かめるにはあと三四年は季節を経なくては分からない
ことと思っています。

若ちゃんさんのところでは何羽くらい雛が孵っていますか?

白い鳩かわいいですね
私も土の上で、薬剤を使わず育てたいです。
ニワトリもそうですが、鳥は土の上が好きですよね。

でも、私は常に先輩から指導を受けておりますので、
お手本通りに飼うべきだと思っております。

例外で、レースとは関係なく、自由に羽ばたける
お庭飼いの鳩を育てたいと思っていますが、それでも
やっぱり伝染病が怖いです。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

雪国

Author:雪国
白い伝書鳩へようこそ!
1955年生まれ。
福島県、雪国南会津に住んでいます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
5744位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鳥類
231位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。