--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 06. 06  
今日は晴れのち雷雨(少し)でした。


第1鳩舎、ソーちゃん&ゲー君。
ゲー君写真2013060601

今日もソーちゃんはまもなく中へ入り(その後一度出ましたが、や
はり間もなく入り)、ゲー君はしばらく屋根の上を歩き回りました
が少しも飛ぶことなく、中へ入りました。


一昨日(6/4)福島市のSさんから孵化後30日の純白の雛(♂)を
郵パックにて送っていただきました。左端、“サー君”と名前を付
けました。既にサーちゃん(♀)が居るのですが、自分では判別は
可能です。(ただ今のところサー君も目の周囲の肉色の部分が幅広
く、サーちゃんそっくりですが……)
サー君写真2013060601

誰も居なくなってしまった第2鳩舎(自宅裏)へ入れたのですが、
もう一羽(第1鳩舎の雛メーちゃん(♀)を予定していました)が
やってくるのは十日ほどのちになるので一人ぼっちでは可哀想と思
い、第1鳩舎へ連れて行って、訓練室へ入れました。様子を見ている
とほどなく雛同士であるためかソーちゃん、ゲー君になれました。
今日で三日目ですが、到着台へは出ませんが、ソーちゃん&ゲー君が
到着台へ出ると、その近くの棒状止まり木へ止まって外を覗く姿が
見られます。

第2鳩舎へはあと十日か二週間したら、第1鳩舎の雛メーちゃん
(多分♀)とニー君(多分♂)を連れて来て、舎外訓練を始めようと
思っています。2羽ならなんとか周囲の畑にも迷惑が掛からないよう
に出来そうな気がします。

もし♂♀判定を間違えて、♀同士或いは♂同士だったらそのままずっと
舎外をしながら飼い続け、将来夫婦となって孵化したら雛は全て第1
鳩舎へ連れて行って飛ばそうと考えています。


第1鳩舎全景。
第一鳩舎全景2013060601

携帯カメラでは写りませんが、遠くの山(鞍部)に標高1,581mの
荒海山が霞んで見えるのですが、将来その東側の鞍部を飛んで戻って
くる鳩たちの姿を想像します。(長男の住む宇都宮から100Km、
二男家族の住む東京から200Km)


スポンサーサイト
NEXT Entry
晴れ
NEW Topics
九か月振りの更新です
小雪のち曇り
晴れ
迷っていて……、継続することにしました
曇り
雨のち曇り
曇り時々小雨
灰色鳩、無料にて差し上げます
曇り時々雨
晴れのち雷雨
晴れ
晴れのち曇り
曇り
曇りのち晴れ
晴れ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

雪国

Author:雪国
白い伝書鳩へようこそ!
1955年生まれ。
福島県、雪国南会津に住んでいます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
4813位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鳥類
208位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。