--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 04. 01  
今日は晴れて暖かな一日でした。


今日は午前中、といっても11:00でしたが鳩舎へ行きました。
いつものように餌を撒き、抱卵している二組の♂君の様子を見なが
ら声を掛け、他のペアに産卵はないかどうか巣房を確認したりしな
がら、屋根へ半分以上は上がったものの、今日も飛ばないだろうな
……などと思いながら、暖かい陽射しを浴びながらゆっくりしてい
ました。

すると、最初に3羽飛び立ち、そしてすぐに2羽追い掛け、そして
一周して戻って来ると、トラップ口から更に2羽出て飛び立ち、合
計7羽で、半径約200mくらいの範囲を数周していました。

青空に映えていいな~、久し振りだな~、とぼんやり眺め入ってい
ると、急に様子が変。目の前、30mほどの距離でした。

最初は、もう1羽、灰色鳩が私の背後の鳩舎から飛び立ち、群れへ
混ざったのだろう、と瞬間的に思いました。少し大きいので灰色鳩
の♂だ。しかし、それにしてもちょっと大きいぞ!尻尾も長い!

その瞬間翻って鳩を襲う姿、飛翔を見て、ハヤブサだ!と分かりま
した。まさか、私が立っている所からほんの30mほどの距離に
ハヤブサが現われ、そして襲うとは。

ほんの数秒の間に7羽の群れの中で2回アタックして逃げられ、3
回目のアタックは群れからはぐれた1羽(白だったか、灰だったか
は不明。気が動転していました)に向かう時、私はこれはもうダメ
だ、捕られてしまう!と思いましたが、爪がほんのわずか掠った
程度で逃げおうせました。

ハヤブサの狩りは、そのほんの数秒で失敗し、終了し、どこへ飛ん
で行くかを見ていたら、東の山へゆっくり飛んで行きました。
ということは、今までの私の予想からするとこの方向の山にはオオ
タカの縄張りはあるがハヤブサは居ないと思っていましたので、も
しオオタカと縄張りを分け合っているとすると、私の鳩舎半径800
mの範囲にハヤブサは3羽居ることになる……。オオタカは4羽。

しかし、あのハヤブサはでかかったな。翻った瞬間に見た胴(胸)
はズングリしていた。ということは♀だろうな……。(猛禽類は♀
のほうが大きい)

6羽は纏まって南方向へ逃げ、1羽はぐれて逃げ延びたのは西方向
へ逃げた。

1時間以上戻っては来ないだろうか、と思いながら、ヤギのメイち
ゃん&柴犬ソラ君&ランちゃんと遊びながら待っていると、鳩舎の
屋根へ着地する羽音が聞こえて、20分ほどで7羽全員そろって戻っ
て来ました。
若鳩2014040101

携帯カメラを構える間もなく、すぐに入舎。

全員無事でよかった!


スポンサーサイト
NEXT Entry
晴れ
NEW Topics
九か月振りの更新です
小雪のち曇り
晴れ
迷っていて……、継続することにしました
曇り
雨のち曇り
曇り時々小雨
灰色鳩、無料にて差し上げます
曇り時々雨
晴れのち雷雨
晴れ
晴れのち曇り
曇り
曇りのち晴れ
晴れ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

雪国

Author:雪国
白い伝書鳩へようこそ!
1955年生まれ。
福島県、雪国南会津に住んでいます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
6194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鳥類
239位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。