--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 02. 22  
今日は晴れました。

ドー君&クーちゃんは我が家の裏の畑、2号棟鶏舎(2間×3間)
の中、半分(2間×1.5間)を仕切って、飼っています。

2号棟鶏舎に隣接して、柴犬ルンルン&ソラ君のドッグラン(10m×
10m)とその中に犬舎(1.5間×2間)があります。

朝7:00、ルンルン&ソラ君へ朝ごはんをあげた時には、
ドー君&クーちゃんはこの仮鳩舎の中で寒さにうずくまって膨らんで
止まり木にとまって、居ました。

そして、午前中外出してお昼過ぎに家へ帰ってきて、鶏たちと鳩たち
へ餌をあげようとそれぞれ準備して持って行ったところ……。

仮鳩舎の入り口ドア(戸)が、外れて開いていて、ドー君&クーちゃ
んの姿はありませんでした。

実はドー君&クーちゃんを先週(2/14)ここへ入れた時に、この入り
口ドアは、数年前に建て付けが悪かったために外れてしまって、また
その必要もないことから(ニワトリたちは遊び場に出入り自由で飼っ
ているので)、脇に立て掛けて置いたものでした。

その時は、水分を含みしけっていたので、ぴったり嵌まったのですが、
数日前から乾燥してきて、少し緩いかな……と思っていたのです。

そして今日。
朝から晴れたものの、風が少しありました。
そして、風でドアが外れ、そこからドー君&クーちゃんは出て行った……。

もぬけの殻の鳩舎の中を見て……。
腹が減っているだろうし、クーちゃんの病気もしっかり餌を与えて
治るものなら治してあげたい……、そう思って餌を運んだのでした。

しかし、実はこの2羽に対しては、ここで休養させてあげて、再び放
してあげようかな……という思いは少なからずあったのでした。だか
らドアの件も不完全のまま放置していました。

しかし、思いもかけずに突然いなくなってみると、ショボンとして
しまいました。

何時頃に出て行ったのだろうか?
1時間前だろうか?或いはもっと早く3時間くらい前だろうか……。
と、すると、もう群馬県の元の鳩舎へは無事着いたろうか?
否、もしかしてその途中には猛禽類は待ち受けていて、特に今日は
こんなにいい天気だし、狩りの絶好の日。喰われてしまったろうか……。

そんなことが一瞬に頭の中をよぎり、しかし、しょうがないな……、と。

その時でした。

空は晴れていましたが、風がやや強く吹いていて、とつぜん頭上に
聞き覚えのある“羽切り音”が、聞こえたのです。鳩舎内において
地面から2mくらい上の止まり木へ飛び上がったり飛び降りる音。

あっ!
なんだ?

不思議な光景でした。
一瞬、見上げた青空の中にとても大きな白い鳩と普通の鳩。
存在感がありました。
いつも見るカラスの比ではありません。

なんとドー君とクーちゃんの姿でした。
突風の中、柴犬ルンルン&ソラ君の犬舎へ入ろうとしていました。
強い風に抗って、よろよろして飛んでいるように見えました。

そしてルンルン&ソラ君に追われて、一旦、我が家の二階の屋根の
上の雪へとまりました。

なんということだろう。
「放したら絶対戻っては来ないよ」と聞いていましたので、ありえ
ないことと思っていました。ましてや、まだ飼い始めて一週間しか
経っていないのです。

放すのは、雛が生まれて、その雛が2ヶ月齢に育って、そして初め
ての舎外訓練、と思っていました。

風が強く、何度か3号棟鶏舎の屋根、車庫の屋根、犬舎の中へ入っ
てルンルン&ソラ君に噛まれそうになって抜け出し、そしてクーちゃ
んが2号棟鶏舎の中へ入って(入りドアは年中開けたままです)、
ニワトリの餌を食べ始めました。

ドー君は、入り口ドアは開けたまま広いのですが、やはり“トラップ”
に馴れていたのでしょう、ここにはトラップはまだありません。
その脇の桟に一旦止まって、そしていろいろ考えて、中へ入りました。

私が針金(修理用)を取りに行っている間に、クーちゃんもうまく
鳩舎へ入って餌を食べていました。
ドー君写真2013022202

入り口ドア(90cm×110cm)を修理しました。
ドー君写真2013022201

数日前にホームセンターで水浴び用の洗面器を買ってきておいた
ので、ぬるま湯を入れて置きました。最初にドー君が、そして次に
クーちゃんが入って水浴びしました。

パーちゃん&シー君&ミーちゃん&スー君&グーちゃん&レー君。
パーちゃん写真2013022201

ヤギのメイちゃんの後ろ姿も見えます。


今日の事があり、いろいろ考えさせられました。
そして、急がなければならないこと。
巣房作りと、トラップ作り。

スポンサーサイト
NEXT Entry
一日雪
NEW Topics
九か月振りの更新です
小雪のち曇り
晴れ
迷っていて……、継続することにしました
曇り
雨のち曇り
曇り時々小雨
灰色鳩、無料にて差し上げます
曇り時々雨
晴れのち雷雨
晴れ
晴れのち曇り
曇り
曇りのち晴れ
晴れ
Comment
やはり居心地、でしょうか……
いやほんと驚きました。
意図しない“初舎外”を偶然経験してしまいましたが、
大空を飛ぶレース鳩の姿は感動的でした。
やはり居心地がよかったのでしょうか。
ナイロン製ネットを通してすぐ隣にはニワトリたちがいて、その隣には柴犬ルンルン&ソラ君がいて、
多くのスズメたちも毎日餌を食べに入ってくる。
そのような安全な場所であることは感じていたのかもしれませんね。
こんにちは。
日記を読んで驚きました。
まだ1週間しか飼っていないのに戻ってきたとは驚きの一言です。

相当居心地が良いのではないでしょうか!

おっしゃるように、通常では考えられませんよね。
雛が居たりすれば戻ることがあっても、以前に飼われていたところに戻るか迷子になったりしますが、通常考えられないことですよね。

雪国さんの愛情が伝わったんだと思います。
何はともあれ良かったですね\(^o^)/
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

雪国

Author:雪国
白い伝書鳩へようこそ!
1955年生まれ。
福島県、雪国南会津に住んでいます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
5941位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鳥類
228位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。