--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 03. 15  
今日は朝から晴れ渡りました。
6:40の犬舎(第2鳩舎の隣)の寒暖計は-9℃を示していま
した。昨夜も冷え込みました。既に第2鳩舎の中にドー君&クー
ちゃんの姿はありませんでした。

7:00電柱の上に止まっていました。しかし15分以上そこへ
留まり、鳩舎内へは入りません。私が餌を撒いて水を新しいものと
交換するのを見下ろしているはずなのですが。
……これでは、もしレースへ出した場合は時間ロスだろうな……、
などと思いながら、柴犬ルンルン&ソラ君とドッグランで遊びなが
ら見ていると、入りました。

7:30鳩舎へ入り、餌を食べ、水を飲むと、
8:00再び飛び立って行く。
8:20電柱の上へ戻り、また長いことそこで休むのか?と見て
いたら、5分ほどで鳩舎へ入りました。昨日のパターンから考え
ると、しばらくは鳩舎内で休むだろう……と思いましたが、
8:25また飛び立って行く。クーちゃんが先導です。
すると今度は10分後(9:35)、戻って来て鳩舎へ入り、
30分ほど休んで、9:10クーちゃん先頭で飛び立ちました。

20分後、30分後、40分後、と電柱の上を見上げますが、帰っ
て来ません……。これまでのパターンは約20分で戻って来る、
という図式でした。

もしかして……、今日は最高の天気だし、やっぱり元の鳩舎
(ドー君は群馬県、クーちゃんは茨城県)へ旅立ってしまったのか。
(もし帰ったとしたら、それぞれの元の鳩舎へ戻るのではなく、
多分ドー君はクーちゃんに引っ張られて茨城県へ行くだろうなと
思いました)

そして60分後、10:10、電柱の上を見ても居ませんでしたが、
その数分後に南の空から、真っ青に晴れ渡った空の中から2羽が
戻ってきました。最初の頃は数回上空を旋回しましたが、もう
一気にスピードを緩めて、電柱へとまりました。この時の羽の
つぼめかた、その姿は独特ですね。

そして、また電柱の上で15分くらい休むのかと思っていたら、
直ぐに鳩舎の中へ入りました。おっ、いいぞ!これでレースへ
出したら大丈夫だ。思うに長時間(1時間ですが)飛んでいると
少しお腹も減るし、水も飲みたくなる、それで直ぐに鳩舎へ入った
んだな?

もう、これで少しは(1時間以上は)鳩舎の中で休むだろう。
これで今日はトラップ口を閉じようか、と思案しました。

すると、その矢先。
クーちゃんが到着台へ出て、ほどなくドー君も出て、クーちゃん
先導のもと再び飛び立ってしまいました。10:25。

ちょうど30分後、10:55、2羽の姿が南東の空から戻って
来ました。よしよし、これで今日は自由舎外は終わりだぞ。
しかし、電柱へ止まることなく、再びはやい速度で北の空へ行って
しまいました。

と、いうことは、今回はもしかして1時間以上飛ぶのではないか?
果たしてそうでした。
1時間後、電柱を見上げても居ません。

ドー君&クーちゃんは、この鳩舎の周りの地形、様子を広範囲に
東西南北と距離を広げて覚えようとしているのだ!と、考えました。

もともとが前の鳩舎で、多分昨年の夏か秋の頃から何十回となく
舎外訓練、そして長距離の放鳩訓練も経験してきたのだろうから、
1時間以上飛ぶのはどうってことないはずです。

ところで、実はこの2羽、ドー君&クーちゃんの2回目の舎外
の朝(二日前)、鳩舎内で初めて掴まえて足環の番号をメモしま
した。ドー君は人懐こいのですぐに掴まえることができましたが、
クーちゃんは狭い鳩舎内を5回くらい追い回してようやく掴まえ
ました。(そのメモをもって、日本鳩レース協会へ電話したので
すが、その経緯は後日書きます)

お昼(12:00)。
電柱の上に姿はありませんでした。
そして13:00。
やはり影も形もありません。
空は真っ青に澄み渡り、風もまったくなく、暖かく、穏やかな
こと、このうえありません。

1時間どころか、2時間半が過ぎました。
いくらなんでも、そんなに長く飛ぶはずはないだろう……。
やっぱり元の鳩舎へ旅立ってしまったのだ……。

私の気持はどんどん沈んで行きました。
しかし悔やんでいてもしょうがない、第1鳩舎へ餌遣りと水の
交換、櫛形止まり木の糞清掃へ行きました。

そして14:35戻ってくると。
道路を曲がり、電柱の上を見ると、白い小さい物体!
ドー君がいました。
クーちゃんは?

クーちゃんもいました。クーちゃんは灰色なので見えにくかった
のです。その瞬間目頭が熱くなりました。
よくぞ戻ってきてくれた!
クーちゃん写真201303131501



餌をいっぱい鳩舎の中へ撒いて、入舎を促そうとしましたが、
入りません。15:15ようやく入りました。
クーちゃん写真201303131502

ということは、14:35電柱の上に居たのは戻って来て間もない
と思いました。または、一旦はすぐに鳩舎へ入って餌を食べ水を
飲み、少し休んで、再び到着台へ出て、そしていつもように20分
くらい飛んで来て電柱の上で休んでいたか。

15:30トラップ口を閉じました。

スポンサーサイト
NEXT Entry
晴れ
NEW Topics
九か月振りの更新です
小雪のち曇り
晴れ
迷っていて……、継続することにしました
曇り
雨のち曇り
曇り時々小雨
灰色鳩、無料にて差し上げます
曇り時々雨
晴れのち雷雨
晴れ
晴れのち曇り
曇り
曇りのち晴れ
晴れ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

雪国

Author:雪国
白い伝書鳩へようこそ!
1955年生まれ。
福島県、雪国南会津に住んでいます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
5744位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鳥類
231位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。