--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 03. 16  
今日は、朝から晴れましたが午前中は空全体の半分くらい雲が
ありました。

10:00トラップ口を開けましたが、ドー君&クーちゃんはすぐ
には出ませんでした。昨日の運動量が多かったためか、地面の上で
佇んだり伏せたりしていました。

昨日いっぱい撒いた餌がまだずいぶん残っていますが、新しい餌を
撒くと、けっこう啄ばんでいました。

10:40やはりクーちゃん先頭で飛び立ちました。いつもの北東
方面。あっという間に姿が見えなくなりました。低空、地面から
20m~30mくらいの高さを猛スピードで飛んで行きます。

私は“舎外”というものは鳩舎の上空を優雅に何回か舞って、その
後にどこかへ飛んで行くもの、と想像していましたが、この2羽は
違いました。最初に出たときや2回目に出たときは、位置や周囲の
地形が全くわからなかったために、おっかなびっくりだったのか
半径100mくらいを何回も回っていましたが……。

今日は、昨日のこともあり少なくとも1時間以上は戻って来ないと
考えました。(しかし一応20分後、そして30分後、と電柱の
上は見ていました)

1時間後(11:40)、姿なし。
2時間後(12:40)、空が真っ青に晴れ渡ってきて、昨日と
同じく無風状態。しかし姿なし。

お昼頃に、そういえば今日は土曜日だった……、と思い起こし
ました。実は先週の土曜日(3月9日)、お昼頃に第1鳩舎の
6羽の世話を終えて、外へ出たときに、この鳩舎から150m
ほど離れたところを“荒海川”という川(日本で8番目に長い
川“阿賀野川”の源流にあたります)が流れているのですが、
その上を飛んでいる白っぽい“鳥”を偶然に見たのです。

白かったので、“コサギ”かと思いましたがそれにしては小さい。
よろよろと川に沿って北へ飛んでいるように見えました。河川敷
の上空、約20mくらいだろうか。

よく観察すると、白2羽、灰色1羽でした。
これはレース鳩に間違いない、と思いました。
それまで、電話にて福島クラブのSさんから「500Km以上の
レースになると(御殿場より以西とのことでした)、おたくの上空
あたりを飛んで帰ってくる」とのこと。そして「山を越えたら低い
川の流れに沿って飛ぶ」とのことを聞いていました。

しかし、遠くから見ているとはいえ、ずいぶんヨタヨタして飛ん
でいるな、という印象でした。あるいはその時、進行方向からの北
風が吹いていたのかもしれません。思わず「頑張れよ!」と心の
中で応援しました。その間、わずか5秒~10秒くらいの時間だ
ったと思います。

13:00第1鳩舎の6羽の世話へ出かけました。
今日のパーちゃん&シー君&ミーちゃん&スー君&グーちゃん&レー君。
パーちゃん写真2013031601

櫛形止まり木内の糞清掃をしている間は、いつもこの棒状止まり木
へ並んでとまります。


その後、荒海川の河川敷(堤防)方向を、もしかして今日も土曜日
なので、鳩舎へ戻ってゆくレース鳩の姿を見れるかも……と幾度と
なく見ていましたが、見れませんでした。タイミング的に、5秒
~10秒のあいだにピッタリ合わないと見れません。

そして14:20、うなだれながら、しかし、なんとなくさっぱり
感もありました。元々は私の鳩舎で孵ったレース鳩ではないのだか
ら、元の鳩舎へ帰って当たり前だし、最初の頃は餌をいっぱい食べ
させてあげて養生させて、放そうと思った鳩たちですので。

曲がり角をまがって電柱をすぐ見ましたが、いませんでした。
鳩舎内も、居ないことは分かっていても見る。そしてドッグランで
柴犬ルンルン&ソラ君と遊びながら、そのほんの数分後でしたが、
電柱を見上げると、なんと!2羽いるではありませんか。
クーちゃん写真201303131601

しかし、2羽とも“灰”でした。
ドー君(白)は?
いませんでした……。

どうしたんだろう?
いろいろ考えました。

まず、天気や気象条件もよかったので、クーちゃんへ大空の上で
別れを告げ、真っ直ぐに元の鳩舎(群馬県伊勢崎市)へ帰って
行ったか。しかし、クーちゃんとは2回も交尾を交わした相手
なのに……。

あるいは、当地方を通過して戻るレース鳩の数羽の群れへ付いて
行ってしまったか……。

或いは、舎外を始めてからのブログには一度も書きませんでした
が、オオタカorハヤブサにやられてしまったか……。

或いは、また……、時間をかけてここへ戻ってくるか……。

クーちゃんと一緒にやって来た、多分♂鳩は、その後一度も鳩舎
へは入りませんでした。何度もクーちゃんが電柱から到着台へ降
りて、鳩舎の中へ入り、餌を少し啄ばんでまた電柱へ戻り、そして
何度も2羽一緒に10分~30分ほど飛び立っては戻っていました。

16:55、雨が降り始めたので、直ぐに入るだろう。
鳩舎の波トタンの屋根に2羽でいました。

しかし、10分経っても20分経っても入りません。
17:45小雨降る中、毛繕いしながらまだ屋根の上に2羽いま
した。
18:05だいぶ薄暗くなり、見に行ったら、クーちゃんは一人
鳩舎へ入って巣房の上へ止まっていましたが、もう1羽はまだ
屋根の上にいました。「もう暗くなるから入りな!」と声をかけ
ると、少し動いて、そして北方向へ飛び立っていきました。
戻っては来ず……。

19時半、懐中電灯を持って見に行きましたが、鳩舎にはクーち
ゃん1羽しかいませんでした……。

スポンサーサイト
NEXT Entry
今日も晴れ
NEW Topics
九か月振りの更新です
小雪のち曇り
晴れ
迷っていて……、継続することにしました
曇り
雨のち曇り
曇り時々小雨
灰色鳩、無料にて差し上げます
曇り時々雨
晴れのち雷雨
晴れ
晴れのち曇り
曇り
曇りのち晴れ
晴れ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

雪国

Author:雪国
白い伝書鳩へようこそ!
1955年生まれ。
福島県、雪国南会津に住んでいます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
4879位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鳥類
195位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。