--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 03. 19  
今日は、朝は曇りがかった晴れでしたが、その後真っ青な空とは
行きませんでしたが、晴れました。昨夕のニュースでは各地で
“春の嵐”が吹き荒れて被害が相次いだと伝えていましたが、当
地方は昨日も緩やかな風で、今日も風は少しだけでした。


第2鳩舎(自宅裏)、6:30クーちゃんはまだ鳩舎内にいま
した。トラップ口は三日前(3月16日)からずっと開けたま
まです。

7:50見たら、居ませんでした。それ以前に舎外へでかけた
ようでした。

9:35到着台の上にいるのを見つけました。そしてすぐに鳩舎
の中に入りました。(いつもの電柱の上にどれくらい居たかは不明)

その後様子を見ていて、再び到着台へ上がって飛び立つのだろ
うと思っていましたが(天気がどんどん良くなってきたので)、
鳩舎の地面(土)の上で餌を啄ばんだり、毛繕いをしたりして
いていました。(クーちゃんは止まり木よりも地面の上が好き
なんだろうか……。今までも地面の上にいることが多かったよう
な気がします)

洗面器の水も新しく替えておいたので、水浴びするかなと見て
いましたが、その気配はなし。

10:50巣房の上の板に止まっている。まもなく今日二回目
の舎外をするかなと見ていましたが、いっこうに到着台の上へ
出ませんでした。また土の上へ降りて毛繕い。やっぱり女の子
なんだな。身だしなみ。特に尻尾の先の手入れを丁寧にしてい
ました。そして再び土の上に佇んで動きません。

その姿を見ていて、もしこのまま1羽で飼っていたら、いずれ
寂しさに耐えかねてどこかへ(元の鳩舎へ)行ってしまうだろ
う……、と思いました。

ちょうどお昼になって、見たらまだ鳩舎にいました。
“善は急げ”です。トラップ口を閉めました。

考えていたことは、第1鳩舎(自宅から700m離れているヤギ
のメイちゃんの飼育場)から、♂のスー君を連れてきてクーちゃん
のお婿さんにすることでした。

第1鳩舎では、♀3羽、♂3羽と思って飼育していたのですが、
我が鳩舎記念すべき第一号であったパーちゃん(パールちゃん)
が、実は♀ではなくて♂だったことが判明しました。スー君はいつ
も他の5羽とは少し行動が違っていて、一時期もしかして♀なので
はないか……?と思いましたが(パーちゃんが♂だと判ったので、
スー君は♀であったなら都合がいいという思い込みがあったと思い
ます)、その後よく観察していたら、やはり♂でした。

パーちゃん(♂)&ミーちゃん(♀)は既にカップルとなりました。
まだ交尾は見ていませんが(私が第1鳩舎にいる時間が少ないため
かも)、今日もお互いに首筋を毛繕い合っている姿を見ました。

そして、残された♀1羽グーちゃんを巡って、グーちゃんと同じ
鳩舎(佐藤鳩舎様)から我が鳩舎へ一緒にやってきた♂のレー君と、
それよりもずっと前に(パーちゃんの次に)にやってきた♂のシー君
が争うような(アピールするような)場面は見られましたが、
スー君はいつもその外側にいました。

ということで、クーちゃんのお婿さんはスー君しかいないと思っ
ていました。

餌を撒いて、この6羽一緒の最後の記念撮影。
パーちゃん写真2013031901


鳩用の輸送籠は前からどんなふうに作ったらよいのか(自作)、
いろいろ調べていて構想は出来て、材料も集め始めていたのです
が、こんなに早く必要になろうとは。

仕方ないので段ボール箱を持っていって、中へ入れました。
スー君は人懐こい鳩でしたので、すぐに掴まえることができました。

第1鳩舎から第2鳩舎まで、車で5分です。
すぐにクーちゃんのいる中へ放しました。
スー君写真2013031901

スー君は、すぐに棒状止まり木へとまりました。
鳩舎の内部の作りは、棒状止まり木の位置は第1鳩舎とまったく
同じ所へ作ったからだろうと思います。

クーちゃんは地面の上に居ました。
そして私が「クーちゃん、スー君と仲良くしてな!」と声をかけて
外へ出て、しばらく様子をみていましたが、30分ほど大きな動き
はありませんでした。クーちゃんは地面の上を少しずつ歩きますが、
止まり木や巣房の上などへ飛び上がろうとはしませんでした。

スー君が地面へ飛び降りて餌を啄ばみ始めましたが、クーちゃんとの
距離は少しありました。

その後、その距離が縮じまってきて、お互いに首筋の毛繕い合い。
そして、なんとその5分後くらいには、巣房の上の広い板の上で、
交尾にまで至ってしまいました。いいぞ!クーちゃん&スー君!
と思わず心の中で拍手しました。

スポンサーサイト
NEXT Entry
晴れ
NEW Topics
九か月振りの更新です
小雪のち曇り
晴れ
迷っていて……、継続することにしました
曇り
雨のち曇り
曇り時々小雨
灰色鳩、無料にて差し上げます
曇り時々雨
晴れのち雷雨
晴れ
晴れのち曇り
曇り
曇りのち晴れ
晴れ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

雪国

Author:雪国
白い伝書鳩へようこそ!
1955年生まれ。
福島県、雪国南会津に住んでいます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
4813位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鳥類
208位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。