--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 12. 25  
今日の様子はどうだろう……、遠くから(と言っても10m
ほどですが)見ると、姿が見えません。

と、いうことは地面へ降りて餌を食べているか、櫛形止まり木
の区画へ入っているか。

入り口ドアが、屋根の雪の重みで軋んで開閉がスムーズでなく
なりました。力を入れて開けると、ドアの右横に並んでいる櫛
形止まり木から一斉に棒状の止まり木へ飛び移りました。

みんな元気でした。
そしていつもの撮影ポイント。
スー君写真2012122501

そして次の撮影ポイント。
スー君写真2012122502

帰り際、外側から。
スー君写真2012122503

櫛形止まり木の糞の掃除だけを毎日していますが、今日は
巣箱(写真右端)の中に糞がなく、その左に並ぶ4区間の
中に糞がありました。

たぶん、このような順番で入って寝ていたのかな。
左からスー君、ミーちゃん、シー君、パーちゃん、だと思い
ます。

右端の巣箱が一番寝心地が良くて、たぶん一番のボス、シー
君が確保するものと思っていますが、どうしてそこへ入らな
いのだろう……。

左端の区間は、寒い風の吹き込みも強くスー君はかわいそう
と思いつつも、まあ寒さは他の区間もあまり変わりないか……。
近日中に、この反対側に更に櫛形止まり木を4区間か5区間
増設しようと思っています。

スー君は私をあまり怖がりません。たぶん前の飼い主さんが、
そのような飼い方、面倒をよくみていたからだろうと思います。

最初のパーちゃんが我が家へ来て今日で二週間ちょっとが過ぎ
ました。あたふたとした日々でしたが、その中で感じていたこと。
それはレース鳩という生き物は、なんとなくホッとする生き物
だなと感じていたことです。パーちゃん、シー君、ミーちゃん、
スー君の私を見る目がなんとなく優しい。しぐさもなんとなく
いいな、と思っています。先生のSさんからは「雄同士の縄張り
争いは血をみることもあるよ」と電話で聞きましたが、なるべく
そうならないように広い空間で“疎飼い”で飼育していきたいと
思っています。(疎飼いは、ニワトリから学んだことです)


飼育場の全体風景です。
スー君写真2012122504

鳩舎は左側、奥です。
ヤギのメイちゃんと柴犬ルンルン&ソラ君の姿が、左側雪の上に
(囲いの中)うっすらと見えます。

積雪が溶けて減ってきて、軽トラ(ダイハツ、ハイゼット、
ジャンボ)でも入れるようになりましたが、また明日から大雪
の予報です。

スポンサーサイト
NEXT Entry
再び大雪の気配
NEW Topics
九か月振りの更新です
小雪のち曇り
晴れ
迷っていて……、継続することにしました
曇り
雨のち曇り
曇り時々小雨
灰色鳩、無料にて差し上げます
曇り時々雨
晴れのち雷雨
晴れ
晴れのち曇り
曇り
曇りのち晴れ
晴れ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

雪国

Author:雪国
白い伝書鳩へようこそ!
1955年生まれ。
福島県、雪国南会津に住んでいます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
5360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鳥類
220位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。