--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 05. 25  
今日も晴れで、ここずっといい天気が続いています。


母鳩たちと巣立った若鳩たちが屋根の上や到着台の上で寛いでいます。
若鳩2015052401


半径50mくらいを数周飛んではまた戻ってきたり。
若鳩2015052402


地面へ降りたりもしますが、柴犬ソラ君&ランちゃんは一向に構いません。
若鳩2015052403


トラップ口の出入り口の幅を、一週間ほど前に各一か所だけ7.5cmから1cmほど広げてみました。
7.5cmではほんとうに入りずらそうで、身を狭めて数回トライして初めて入れるような感じでしたので。
8.5cmだと身を狭めることは狭めないと入れませんが一回ですんなり入れます。

カラスの被害は、いまのところありませんので、このまま行けるかな……。

これからは、青大将です。


2015. 05. 13  
昨日は台風6号の影響で時折風が吹きましたが、その後温帯低気圧へ変わってほとんど影響はありませんでした。
今日は晴れました。


何気なく覗いたソー君のひなちゃんの巣房に卵が2個ありビックリしました。
ひな2015051301

私がビックリしたので、ソー君の奥さんも驚いてしまったようです。
あるいは、ひなちゃんへ餌をあげて、さて再び抱卵しようとするところだったのでしょうか……。

2個ということは、少なくとも昨日には1個はあったということです……。
気が付きませんでした。

巣房は両隣り空いていますので、どうして使わなかったのかな?
これから見守っていこうと思います。

トラップ口の隙間の寸法を、一か所だけ7.5cm→8.5cmくらいに広げました。
鳩たちの出入りの様子を見ていると、7.5cmではほんとうに狭そうで身を細めながら
一度では入れなくて二度三度とトライして入っているような感じでしたので。
(カラスはまず無理でしょう)

2015. 05. 09  
昨日までは2週間連続の晴れが続きましたが、今日はほんと久し振りの曇りです。
周りの山々の木々が萌え出して、ほんといい季節の到来です。


昨日、1羽のひなちゃんへ足環入れました。(029371)
ひな2015050801

産卵が1個のみで1羽孵り。
薄い灰色の毛並みになりそうです。

他のひなちゃんたちもすくすく。


カラス入舎防止の板を設置して1週間が経ちました。
今のところ入室の気配なしですが、カラスはほんと賢いのでまだ分かりません。


2015. 05. 05  
今日も晴れて、11日連続の晴れでした。
(ただ、昨夜は少雨ありでした)

今日はこどもの日。
人間のこどもたちも、鳩のこどもたちもワンちゃんのこどもたちも幸あれとねがって!

昨日、ソー君のひな1羽(産卵1個)へ足環入れました。
ひな2015050401


カラスが入れないように、5/2に隙間7.5cmに板を取り付けました。
若鳩2015050201

鳩たちは身を狭めて出入いりしています。
これでカラスは入れないだろう……。

昨季は10羽くらい、今季も既に6羽の雛がカラスに遣られました。
これで大丈夫だろう!
(と、願って!)


2015. 04. 23  
ここ数日以上晴れて暖かです。
夜の最低気温はまだ1℃に下がることもたまにありますが……。

一昨日、桜開花しました。
平年よりも五日ほど早いです。

今年は大雪だったのにも拘わらず、またそのために雪の消えるのも遅かったのですが、
こういうこともあるのだな……と。

一昨日撮影のひなちゃんたちの写真です。
ひな2015042101


こちらも。
ひな2015042102


黒ちゃんのひなたち。
ひな2015042103


母鳩たちと巣立った若鳩たち及び配偶者にあぶれた♂君たちと思います。
若鳩2015042202


気持ちよさそうに飛んでいます。なによりです。
若鳩2015042201


2015. 04. 16  
今日は晴れて暖か、最高気温は18℃になりました。


今日も8羽の母鳩たちが、外で太陽の光を浴びながら寛いでいました。
若鳩2015041601

「おいしいご飯だよ~」と話しかけながら、鳩舎内へ入るとみんな入って来ます。


その後、毛繕いに余念がありません。
若鳩2015041602

そして目を閉じてお昼寝へ。
母鳩は10:00頃~16:00頃までしか自由時間がありません。
父鳩もイクメンでがんばっています。
わたしたち人間もも見習わなければ。


2015. 04. 14  
今日は曇りでした。


女子組9羽、屋根の上と到着台の上で休憩中です。
若鳩2015041401

鳩舎内では9羽の♂君たちが抱卵していました。
いつのまに、こんなにペアができたのか……。
やはり“春”ですね!


2015. 04. 07  
今日は小雨です。
周囲の雪はほとんど融けて、黒々とした田んぼや畑の土が見えて来ました。

我が鳩舎の鳩たちも、真っ白な雪国の冬を乗り越えて、嬉しそうです。
人間たちは寒さ暑さに敏感に対応して生きていますが、鳩をはじめ自然の生きものたちは
自然任せでうまく順応して生きているんだなとつくづく感じます。

昨日晴れた空に、鳩舎の上空をイワツバメが3羽飛翔するのを見ました。
今年も南国から元気にやってきてくれました。


小雨のシャワーを気持ちよさそうに浴びています。
若鳩2015040701

鳩舎内へも水浴び用の大きな桶を置いておいて、ほぼ毎日水を替えていますがやはり空から降って来る雨は気持ちいいのだろと思います。


地面に巣作りしたペアです。
若鳩2015040702

空いている巣房がたくさん(十カ所以上)ありますが、ここが好きなんだろうな、と。


夢子ちゃんのひな、今日か明日には外へ出れるかな?
ひな2015040702


こちらは、もう1羽の兄弟(姉妹)は地面へ降りて餌を啄ばんでいますが、まだ親からの餌を待っています。
ひな2015040701


2015. 04. 04  
今日も晴れて暖かく、雪解けが進み、周囲の田んぼの黒い土が現れました。


このヒナたちの巣立ちは間もなくでしょうか。
ひな2015040402


こちらの1羽(右側)もまもなくでしょう。
ひな2015040401

隣りの巣房では、父鳩(夢子ちゃんの夫)が抱卵中です。


鳩舎の前のヤギのメイちゃんの小屋の中へ白鳩4羽入りました。
若鳩2015040401

巣材として稲藁を運ぶのかと見ていましたが、その様子はなく何か餌を啄ばんでいる様子でした。



2015. 03. 29  
今日は晴れのち曇りでした。
ここ数日連続の晴れで、雪解けが加速しています。


一昨日の写真から。
若鳩2015032701


青空と雪原を背景に伸び伸びと飛翔。
若鳩2015032702


夢ちゃん夫妻のひなちゃん。
ひな2015032701


こちら二羽はまもなく巣立ちでしょう。
ひな2015032702



2015. 03. 20  
今日は薄曇りながらも雪解け進んでいます。


今日のお出迎え飛翔です。12羽。
若鳩2015032001


夢子ちゃん夫妻の仔(1羽のみ孵化)に足環を入れました。(029365)
ひな2015032002

夢子ちゃんは私に雛を取りあげられても巣房の中でじっとして待っていました。
ごめんよ~、今もどすからな~。


こちらの雛もすくすく育っています。
ひな2015032001


パー君夫妻の純白雛2羽は、巣箱から出るようになりました。隣りの巣箱には、既に2個ありです。
ひな2015032003


先日「鳩を掴むのは、足環入れの時だけになりました……」と書きましたが、一昨日孫のカノンちゃん家族が帰省していてカノンちゃん(5歳)を鳩舎へ招き入れ、この雛たちを全部1羽1羽手のひらへ乗せてあげました。
カノンちゃん、生きもの大好きです。


2015. 03. 16  
今日は晴れ時々曇りでした。


お昼頃、屋根の上や到着台の上で10羽ほど寛いでいました。
若鳩2015031601


足環を入れました。(029363)
ひな2015031601


ここ一年以上、鳩を掴む(触る)のは足環入れの時だけになってしまいました。(029364)
ひな2015031602



2015. 03. 12  
一昨夜から降り始めた雪は、昨日(3.11)も、今朝も降り続いていて50cmほど新たに積もりました。
春近しと感じていまいしたが、また冬へ逆戻りです。


あれから4年……。
4年前はワンちゃんヤギさんのことで頭はいっぱいで、鳩を飼ってみようとは思っていませんでした。
お亡くなりになられた方々、未だに遺体がみつかっておられない方々へ追悼したします。
また避難生活を送っていらっしゃる方々へ私もこれからも微力ながらも応援してまいります。
どうぞ頑張ってください。


昨日、こちらの雛2羽が孵っていました。
ひな2015031101

少し大きくなっていたので3/9あたりに孵化したと思います。


到着台とトラップ口の隙間から出入りしています。
若鳩2015031101

到着台の除雪をしないで(カラスが入ってこれないように)います。


鳩舎へ雪が吹き込んでいますが、気温は高めなのですぐ消えることでしょう。
若鳩2015031102


一週間前我が家の裏山からオオタカの鳴き声がまだ聞こえないと書きましたが、ここ数日聞こえるようになりました。
そして一昨日、第一到着台の下の雪の上に夥しい白鳩の毛と血が散らばっていました。
いたしかたありません……。


2015. 03. 09  
今日は朝から霧雨、のち曇りで肌寒い天気です。
雪解けは足踏み。


今朝9:30頃、外へ出た時に偶然鳩舎(直線距離で500m)のほうの上空に白鳩3羽の飛翔を見ました。
最初は半径100mほどを飛んでいましたが、徐々に範囲と高度を上げて周回して行き、いつもの南方面へ
飛んで行き、雲に同化して見えなくなりました。

この時間帯の3羽だけの自由舎外とは、まだペアになれていない白鳩たちですね、多分。


3/6撮影の写真から。
お昼頃に撮影。自由舎外から戻ってきたところなのか、或いは餌をもらえるためのお出迎えなのか、或いは羽の天日干しのためなのか8羽くらい屋根へ出ていました。
若鳩2015030601


すくすく育っています。
ひな2015030601


現在、他に4ペア卵をあたためています。
こちらは夢子ちゃんの夫、白鳩君。
若鳩2015030602


そして、パー君の一昨年の子ども♂君。目が大きくパー君そっくりです。
若鳩2015030603


こちらは夢子ちゃんの昨年の子ども♂君。
若鳩2015030604


こちらの♂君は昨年生まれの♂君ですが、足環を見てないので誰の子どもだったか分かりません……。
若鳩2015030605

このような子があと数羽います。
生まれ育った仔は一羽一羽名前を付けながら……と飼育してきましたが、早期の自由舎外にて失踪(多くはハヤブサの襲撃)してしまい、やっていない現状です。


2015. 03. 05  
昨日は4月上旬並みの気温で暖かでしたが、今日は曇り、寒い(2℃)です。


3/1の写真から。
朝の自由舎外を終えて戻ったところ。
若鳩2015030101


すくすく育っています。
ひな2015030101


3/3の写真、白い毛が生えてきました。
ひな2015030301

手前が♂君でしょうか。


他にも二つがい産卵して暖めていますので、まもなく孵化予定です。

今頃の時季になると朝7時頃に我が家の裏山(200mほど)のほうから、オオタカの繁殖のための甲高い鳴き声が聞こえてくるのですが、今年はまだ聞いていません。
当地方のオオタカの主食は、レース鳩ではなく山鳩(キジバト)やヤマドリです。


プロフィール

雪国

Author:雪国
白い伝書鳩へようこそ!
1955年生まれ。
福島県、雪国南会津に住んでいます。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
5413位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鳥類
202位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。